\ WordPressテーマ1491サイトの利用例を紹介 (2021/10/29更新)/

WordPressテーマのライセンスについて調べてみた(3)

WordPressテーマのライセンスについて調べてみた(3)

WordPressを活用してウェブサイトを構築するときに多くの方がテーマを購入すると思います。自分が作ろうと思っているウェブサイトにあったテーマを探し出すことはウェブサイトを長く効率的に運営するためにもとても重要なポイントです。

どのテーマを購入するかを検討している時にWordPressテーマのデザインや機能、SEOやカスタマイズ性について調べることはあってもライセンスについて調べる人はあまりいません。もしあなたがWordPressを使ってウェブサイトを構築することに慣れているのでしたら問題ありません。

しかし、もしあなたがどこかで制作に行き詰り、知人やホームページ制作会社に部分的に依頼するようなことああった場合、ライセンスの問題が発生するケースがあります。これはWordPressテーマ販売会社によっても異なるので注意が必要です。

目次

WordPressテーマ販売会社のライセンスを確認してみよう

現在、日本では様々なWordPressテーマ販売会社から数多くのテーマが販売されています。これらの会社のライセンスについてチェックしてみます。WordPressテーマ購入にひとつの参考にしてみてください。なお、どこのWordPressテーマ販売サイトも規約が変更される場合もありますので、必ず最新のライセンス規約をご確認ください。

New Standard

WordPressテーマ「New Standard」
事業用WordPressテーマ「New Standard」

WordPressテーマ「New Standard」は中小企業や個人事業主向けのウェブサイトをWordPressで構築するときに活用できるWordPressテーマです。ブロガーやメディア向けの機能はありません。あくまでも事業用のウェブサイト構築のためのWordPressテーマです。ライセンスについては利用規約で記述されています。

ライセンスについての記述
  1. 本体に含まれるCSS、JSファイルは、複製・販売・再配布を禁止します。
  2. New Standard本体の複数サイト利用の制限はありません。但し、テーマの更新を行うためのライセンスキーは、購入単位での発行となります。
制作代行についての記述

制作代行などを行うには「代理店登録」が必要のようです。代理店登録をすると代理店経由で購入した人は1000円割引で購入でき、代理店には既定の紹介料がキャッシュバックされます。

複数サイトの制作について

複数のサイトに使用することも可能ですがライセンス登録のないサイトは、管理画面にエラーメッセージが表示されます。

New Standardのライセンスに関するまとめ

WordPressテーマ「New Standard」は複数サイトでの利用は可能としていますがテーマの更新を行うにはライセンスキーの申請が必要になります。ですから快適にテーマを利用するにはサイトごとにライセンスキーの申請が必要、つまりテーマの購入が必要のようです。事業向けのWordPressテーマで「ブロガー向けではない」のでこのあたりは問題ないのかもしれませんね。

制作代行などで利用する場合はキャッシュバックもあるようなのでウェブ制作を行っている人にはお得かもしれません。

賢威

賢威
WordPressテーマ【賢威】

WordPressテーマ「賢威」は長年、多くのブロガーに支持されてきたWordPressテーマです。ライセンスについては「よくあるご質問」「賢威ユーザーライセンス契約」のページで記述しています。

働いている企業サイトの制作

ユーザー登録情報で「個人」から「法人」に切り替えていただくことで「法人ライセンス」に変更可能です。そうすることで、「その法人の運営するサイト」ならそのままご利用いただけます。ただし、従業員の方が個人のサイトを制作される場合は、別途「個人ライセンス」で賢威をご購入いただく必要があります。

複数サイトの運営について

「ご自身の」所有するサイトなら、1ライセンスでいくつでもサイトをお作りいただけます。ただし、第三者のサイトを代理で制作・運営される場合は、別途、「賢威ユーザーライセンス契約」が必要です。

賢威ユーザーライセンス契約について

賢威ユーザー様が、ご本人以外の「第三者のサイト」を賢威を使って制作する場合には、有償・無償での制作にかかわらず、「賢威ユーザーライセンス契約」が必要です。第三者の方がすでに賢威ユーザーである場合は、本契約は必要ありません。

賢威のライセンスに関するまとめ

WordPressテーマ「賢威」はテーマを購入した人が自分の複数サイトで利用は可能としています。しかし第三者のサイトを作成する場合は「賢威ユーザーライセンス契約」が必要のようです。ただ、その第三者がすでに賢威ユーザーの場合は不要のようです。

しかし、賢威ユーザーが賢威ユーザーではない人に制作をお手伝いしてもらう場合は「賢威ユーザーライセンス契約」が必要となるようです。

また、ライセンスは「法人」と「個人」別のようですので自分でサイトを作成するからといって「会社のサイト」と「個人の趣味のサイト」を制作するにはそれぞれライセンスが必要となるようです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めてホームページを作成したのは1996年。
2000年よりフリーランスで主に中小企業、学校、各種公的団体、個人事業主のWordPressを活用したホームページ制作を行っています。WordPressテーマはそれぞれのクライアントに合わせて作成しています。
WordPressを活用したサイト運営のための情報発信をしていきます。

目次
閉じる