お名前.comでドメインを取得しよう

カテゴリー:ドメイン取得と各種設定

お名前.comでドメインを取得しよう

ドメインの取得はレンタルサーバー会社でも取得できますが、一般的に割高であったり、将来サーバーを移転することがあったりした場合手続きが煩雑になる場合もあります。ドメインとサーバーは別々に契約しておくと管理がラクです。

お名前.comでのドメイン取得の流れ

ドメイン取得専門のサイトはいくつかありますが、国内では多くの方が利用している「お名前.com 」でのドメイン取得の流れについて解説します。

お名前.comにアクセス

下のバナーから「お名前.com 」にアクセスしてください。

お名前.comにアクセス

取得するドメインを検索

「検索したい文字列を入力」と表示されている入力フォームに取得したいドメイン(文字列)を入力します。入力すると取得可能なドメインにはチェックを入れられるように表示されます。例えば今回新たに取得しようとするドメイン「bokucook」と入力すると…

取得するドメインを検索

「bokucook」は誰も使用していないようで、どれも選択可能になっています。例えばここで試しに「toyota」なんて入れると、当然のことながらどれも選択できなくなっています。toyota以外にも有名な企業名はもうすでに取得されています。元号が「平成」から「令和」に変わった際にも発表と同時に「reiwa」ドメインがあっという間に取得されていきました。

toyotaは取得できない

さて、今回取得したいのは「bokucook」なので再度「bokucook」と入力します。ここで、「bokucook.com」にチェックを入れると「お申込みへ進む」のボタンがクリックできるようになります。

「bokucook.com」にチェックを入れる

ドメイン取得の申し込み手続き

「お申込みへ進む」をクリックすると「情報の入力」画面になります。

①ドメインの登録年数

ドメインの登録は1年ごとになります。10年まとめて支払うことも可能ですが、特に割引などのメリットはありません。ですから登録年数は1年でよいでしょう。

②Whois情報公開代行メール転送オプション

「Whois」とはドメイン保持者のIPアドレスや氏名・住所などの登録者情報を誰でも閲覧できる情報提供サービスで、登録者情報を公開しなければならないよう義務付けられています。しかし個人情報を公開しておくのは抵抗もあるでしょう。「Whois情報公開代行サービス」は、Whoisに掲載されるドメイン登録者の氏名・住所・電話番号・メールアドレス等といった個人情報を、プライバシー保護の観点から「お名前.com」の情報に代えて掲載するサービスです。新規登録時に限り無料で利用できるキャンペーンを実施中(2019年8月現在)です。

「Whois情報公開代行 メール転送オプション」はWhois情報に掲載されるメールアドレスについて、ドメイン毎に固有のメールアドレスを設定し、当該メールを受け取ることができる機能です。個人情報を公開することなく外部からのコンタクトを受け入れることができます。ドメインを譲渡、売買する際には便利ですが300円(税抜)/年の有料サービスで通常は必要ないでしょう

③ドメインプロテクション

「ドメインプロテクション」はドメインの設定手続きの操作を行う際にドメイン登録者本人の承認が必要となるサービスで、第三者による不正アクセスや誤操作を防ぐことができます。1ドメインあたり980円(税抜)/年のオプション料金が必要です。

④サーバーの選択

「お名前.com」のレンタルサーバーを利用する場合はいずれかを選択しますが、今回はドメイン取得のみでサーバーは別のところで利用するという前提ですので「利用しない」ままです。「お名前.com」のレンタルサーバーを利用する場合でも後からでも登録できるのでとりあえず「利用しない」のままでよいでしょう

⑤おススメドメイン

また、「bokucook.net」のドメインもおススメされますが必要ないのでそのままです。登録したい方は「追加」をクリックします。

⑥初めてご利用の方

初めて利用するので「メールアドレス」と「パスワード」を入力します。パスワードは忘れないようにしましょう。「次へ」をクリックします。

会員情報の入力

お名前や住所などの必要事項を入力します。入力が終わったら「次へ進む」をクリックします。

会員情報の入力

お支払い情報の入力

支払方法を選び、必要事項を入力します。クレジットカードですとすぐに決済が完了しドメイン登録が完了しますが、それ以外の支払い方法ですと入金確認まで時間が必要でそれまではドメイン登録が完了しません。今回はクレジットカードで支払います。入力後「申し込む」をクリックします。

お支払い情報の入力

ドメイン取得申し込み完了

以上でドメイン申し込み完了です。登録したメールアドレスに何通かメールが届きます。これらのメールには「お名前.com」の登録情報など記載されているので保管しておきましょう。

ドメイン取得申し込み完了

ドメイン情報認証について

いくつか届くメールの中に【重要】[お名前.com] ドメイン 情報認証のお願いという件名のメールが届くと思います。これはドメインのWhois情報に正確な情報が設定されているかを確認するためのものでWhois情報に設定されているメールアドレス宛に確認のメールが送信されます。メールに記載されている確認用のURLにアクセスして認証を行えば完了です。

こんな記事が良く読まれています

こういう人はホームページ公開、運営で失敗しやすい

ホームページ作成前に...

これまでホームページを公開したことない、運営したことないという方にとって果たしてこれから作成するホームページが効果あるものとなるのかどうかはとても不安に思われることだと思います。実際、ホームページを公... もっと見る

WordPressを簡単にインストールできるレンタルサーバー【1】

レンタルサーバーガイド

WordPressでWebサイトを制作する方が増えてきましたね。以前はWordPressをインストるする場合、サーバーにデータベースを作成し、インストールに必要な情報を入力したうえでWordPress... もっと見る

お名前.comでドメインを取得しよう

ドメイン取得と各種設定

ドメインの取得はレンタルサーバー会社でも取得できますが、一般的に割高であったり、将来サーバーを移転することがあったりした場合手続きが煩雑になる場合もあります。ドメインとサーバーは別々に契約しておくと管... もっと見る

WordPressを簡単にインストールできるレンタルサーバー【2】

レンタルサーバーガイド

WordPressでWebサイトを制作する方が増えてきましたね。以前はWordPressをインストるする場合、サーバーにデータベースを作成し、インストールに必要な情報を入力したうえでWordPress... もっと見る

さくらインターネット・レンタルサーバー

レンタルサーバーガイド

さくらインターネットのレンタルサーバーははじめてレンタルサーバーを借りる人でも料金的にも安心なレンタルサーバーサービスです。そして、ビジネス利用にもしっかり対応できるプランまで5つのプランがあります... もっと見る

ブロックエディターでコピペで勝手に半角スペースが入って困るとき

WordPress投稿&固定ページ作成マニュアル

WordPressの新しいエディターブロックエディターを使っていると「おや?」と思うのが…「テキストをコピペするとその前後に半角スペースが勝手に入る」っていうこと。ブロックエディターでコ... もっと見る

HTMLは覚えたほうがいいのか?

ホームページ作成前に...

ホームページは「HTML」っていうもので書かれているということは自分でホームページを作ろうと思っている方なら知っていると思います。しかし「HTML」を知っているか?というとそうではない方が多いのも事実... もっと見る

WordPressで作成作業中のWebサイトを見られたくない時にする設定

WordPress(ワードプレス)

WordPressをインストールしたらまずは最初にやっておきたい設定がいくつかあります。まずは、WordPressで作成作業中のWebサイトを見られたくないと思ったときにしておく設定です。「制作中&... もっと見る

投稿の新規追加~ブロックエディターの基本

WordPress投稿&固定ページ作成マニュアル

WordPressの投稿、固定ページの作成画面はWordPress5のバージョンから「ブロックエディター」と呼ばれる画面になりました。長年WordPressに慣れ親しんできた方にはちょっと戸惑うほどの... もっと見る

リビジョンがどんどん保存されるのを制御しよう「WP Revisions Control」

WordPressプラグインガイド

リビジョンってなあに?WordPressには「リビジョン(Revision)」という機能があります。「Revision」を翻訳すると「改訂、改版、訂正、改正、加筆…」というような意味です。WordP... もっと見る