\ WordPressテーマ1410サイトの利用例を紹介 (2021/9/17更新)/

投稿の新規追加~ブロックエディターの基本(WordPress5.5)

ブロックエディターの基本

視覚的にわかりやすいワードプレス動画講座はこちら

WordPressの投稿、固定ページの作成画面はWordPress5のバージョンから「ブロックエディター」と呼ばれる画面になりました。長年WordPressに慣れ親しんできた方にはちょっと戸惑うほどの大きな変更ですが、使い慣れてくると意外と使いやすいものです。

目次

タイトルを入力しよう

投稿のタイトルを入力

投稿の新規追加画面の上部真ん中に「タイトルを追加」と表示されている部分があります。その部分にマウスカーソルを移動し、タイトルを入力します。

投稿のタイトルを入力

例として「テスト投稿のタイトル」と入力しました。投稿のタイトルはGoogleなどの検索サイトでもタイトルとして表示されます。SEO上も重要です。投稿記事の内容を的確に表すタイトルをつけましょう。

本文を入力しよう

本文を入力

タイトルを入力する部分のすぐ下に「文章を入力、または / でブロックを選択」と表示されている部分にマウスカーソルを移動し、本文を入力します。

本文を入力

このように文章を入力できます。

下書きとして保存しプレビューで確認しよう

下書きとして保存

下書きとして保存

投稿新規追加画面右上の「下書きとして保存」をクリックするとそれまでに作成した内容が保存されます。下書きなので公開はされません。

「下書きとして保存」をクリックすると「保存しました」に表示が変わります。

プレビューを表示

プレビュー

その横の「プレビュー」をクリックすると4つのメニューが表示されます。

デスクトップ

デスクトップ

デスクトップを選択するとPCでの表示として全幅で表示されます。

タブレット

タブレット

タブレットを選択するとタブレット表示のイメージで表示されます。

モバイル

モバイル

モバイルを選択するモバイル表示でのイメージで表示されます。ただこれらの表示はテーマの対応によっては上の画像のようにタイトル文字が改行されて切れて表示されたりします。イマイチ使い道がない気がします。

新しいタブでプレビュー

新しいタブでプレビュー

一番下の「新しいタブでプレビュー」をクリックするとブラウザの新しいタブが開いて実際の表示を確認できます。

新しいタブでプレビュー

実際の表示での確認のほうが正確ですね。レスポンシブデザインであればブラウザのウィンドウ幅を狭めることでタブレットやモバイルでの表示確認が出来ます。

ブロックエディターの基本

冒頭にも書きましたがWordPress5から投稿や固定ページの作成画面が「ブロックエディター」と呼ばれる形になりました。「ブロックエディター」とは投稿や固定ページの記事を作成する際に入力する部分が「ブロック」単位で作成すされるようになりました。

と、言葉で書いてもわかりづらいのでこれまでのWordPress4の旧エディター(クラシックエディター)との比較をしてみましょう。

クラシックエディターでの投稿・固定ページ作成編集画面

クラシックエディター

上のスクリーンショットはクラシックエディターでの投稿・固定ページの作成編集画面です。作成するページ全体をまとめて作成、編集します。

ブロックエディターでの投稿・固定ページ作成編集画面

ブロックエディター

上のスクリーンショットはブロックエディターでの投稿・固定ページの作成編集画面です。クラシックエディターのようにページ全体をまとめて編集するのではなく見出し、画像、段落などそれぞれの要素ごとにブロックに分割して作成編集します。

ブロックエディターの便利な機能

ブロックエディターにはクラシックエディターにはないブロックでのページ作成ならではの便利な機能があります。

ブロックの移動ができる

ブロックの移動

上のスクリーンショットのようにブロック上部の「下へ移動」のアイコンをクリックするとそのブロックが下へ移動します。

背景が水色のブロックと茶色のブロックが入れ替わりました。このようにブロック上部の「上に移動」「下に移動」をクリックするとそのブロックが上へまたは下へ移動します。

ブロックの詳細設定メニュー

上のスクリーンヨットのようにブロック上部のメニューの一番右のアイコン「詳細設定」をクリックすると詳細設定メニューが表示されます。

ブロック設定を非表示

編集画面右側に表示されているブロック設定メニューを表示または非表示にできます。

コピー

ブロックの内容をコピーできます。コピーした内容を好きな場所にペーストできます。貼り付けるときは右クリックで「貼り付け」または「Ctrl+v」で貼り付けできます。

複製

コピーと似ていますが、複製はブロックの直下に複製されます。

前に挿入

ブロックの前に空のブロックを挿入します。

後ろに挿入

ブロックの後ろに空のブロックを挿入します。

移動

未検証

HTMLとして編集

ブロックの内容をHTMLで編集できます。戻すときは「ビジュアル編集」をクリックします。

再利用ブロックに追加

「再利用ブロックに追加」をクリックすると名前を付けてブロックを保存できます。保存したブロックは他のページなどで再利用できます。

グループ化

複数のブロックを選択して「グループ化」することが出来ます。
グループ化の詳細はこちら

ブロックを削除

ブロックを削除します。

WordPressのテーマはやっぱり国産テーマが安心!

WordPressのインストールは最近ではレンタルサーバー会社の「簡単インストール機能」などでだれでも簡単にできるようになりましたが、そこからのデザインがやっぱり悩みどころ。プラグインも何を使ったらよいのかわかんないし、解説サイトが英語表記というのもよくあるケースです。そして、

WordPressなんてムリだ…

なんていう残念な結論を出して、挫折してしまう方がとても多いです。
せっかく独自ドメイン取得したのに…
せっかくレンタルサーバー契約したのに…
せっかくWordPressインストールしたのに…
です。

WordPressのデザインを決めるものが「テーマ」であることは理解したと思いますが、どのテーマを選べばよいのかわからない…ダッシュボードのテーマの新規追加を試みても種類が多すぎるし、解説は英語だし、有効化してもよくわかんないし…

国産(日本語)のWordPressテーマを導入しよう

WordPressのダッシュボードからテーマを新規追加しようと探しても日本語のものはまず見つかりません。世界中のユーザーから見れば日本語なんて希少言語なので仕方ありません。日本語サイト向けのWordPressテーマはいくつもあります。それらの日本語サイト向けWordPressテーマはそれぞれのテーマ開発者のサイトなどで公開、販売されています。

日本語サイト向けWordPressテーマは有料のものも多いですが、有料であるからこそサポート体制も充実しています。多くの有料の日本語サイト向けWordPressテーマでは日本語での丁寧なサポートに対応しています。何をインストールすればよいかよくわからない「プラグイン」も不要だったり最小限の利用で済んだりします。以下に挙げる日本語サイト向けWordPressテーマは当サイトがおススメするWordPressテーマです。

日本語サイト向けWordPressテーマをもっと見る

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めてホームページを作成したのは1996年。
2000年よりフリーランスで主に中小企業、学校、各種公的団体、個人事業主のホームページ制作を行っています。
近年はほとんどがWordPress案件となっています。
ビール、料理、カメラ、アウトドア好き!

目次
閉じる