\ WordPressテーマ1410サイトの利用例を紹介 (2021/9/17更新)/

投稿と固定ページ

視覚的にわかりやすいワードプレス動画講座はこちら

WordPressで作成するページには「投稿」と「固定ページ」の2種類があります。この2種類のページにはそれぞれ特徴があります。

投稿時系列に並ぶページでカテゴリーに分類・主にブログ記事の作成に活用
固定ページ独立した個別のページ・個別のページ同士で親子構成を作成
目次

「投稿」とは?

「投稿」で作成するページはそのページの内容によって仕分けるカテゴリーに分類され、それぞれの投稿は時系列順に並びます。

「投稿」の構成イメージ

上のイメージ図のようにトップページからカテゴリーページへ。このカテゴリーページでは投稿記事が新しい順に表示されます。そしてそれぞれの投稿タイトルをクリックすると個々の投稿ページにジャンプします。

「固定ページ」とは?

「固定ページ」で作成するページはそれぞれが独立したページで「投稿」のように時系列で並ぶことはありません。カテゴリーに分類することもできませんがページに階層を持たせることはできます。(親子ページ)Webサイトでは一般的には「会社概要」「サービスのご案内」「製品案内」などのページに活用されます。

「固定ページ」の構成イメージ

上のイメージ図のようにメニューボタンなどから直接リンクを作成しそれぞれの固定ページにジャンプします。投稿のように記事を作成すれば自動的に一覧に表示されることはないので固定ページを作成したら必ずメニューやナビゲーションにリンクを作成する費用があります。

「投稿」も「固定ページ」も記事(ページ)の作成方法は基本的に同じ

「投稿」「固定ページ」違いはわかりましたか?これらは表示の仕方は違ってもどちらもページを作成するときの方法は基本的に同じです。このカテゴリーではWordPressでのページの作成方法を解説します。解説ページで使用するスクリーンショットは「投稿」で解説します。必要な部分のみ「固定ページ」のスクリーンショットを利用します。

WordPressのテーマはやっぱり国産テーマが安心!

WordPressのインストールは最近ではレンタルサーバー会社の「簡単インストール機能」などでだれでも簡単にできるようになりましたが、そこからのデザインがやっぱり悩みどころ。プラグインも何を使ったらよいのかわかんないし、解説サイトが英語表記というのもよくあるケースです。そして、

WordPressなんてムリだ…

なんていう残念な結論を出して、挫折してしまう方がとても多いです。
せっかく独自ドメイン取得したのに…
せっかくレンタルサーバー契約したのに…
せっかくWordPressインストールしたのに…
です。

WordPressのデザインを決めるものが「テーマ」であることは理解したと思いますが、どのテーマを選べばよいのかわからない…ダッシュボードのテーマの新規追加を試みても種類が多すぎるし、解説は英語だし、有効化してもよくわかんないし…

国産(日本語)のWordPressテーマを導入しよう

WordPressのダッシュボードからテーマを新規追加しようと探しても日本語のものはまず見つかりません。世界中のユーザーから見れば日本語なんて希少言語なので仕方ありません。日本語サイト向けのWordPressテーマはいくつもあります。それらの日本語サイト向けWordPressテーマはそれぞれのテーマ開発者のサイトなどで公開、販売されています。

日本語サイト向けWordPressテーマは有料のものも多いですが、有料であるからこそサポート体制も充実しています。多くの有料の日本語サイト向けWordPressテーマでは日本語での丁寧なサポートに対応しています。何をインストールすればよいかよくわからない「プラグイン」も不要だったり最小限の利用で済んだりします。以下に挙げる日本語サイト向けWordPressテーマは当サイトがおススメするWordPressテーマです。

日本語サイト向けWordPressテーマをもっと見る

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めてホームページを作成したのは1996年。
2000年よりフリーランスで主に中小企業、学校、各種公的団体、個人事業主のホームページ制作を行っています。
近年はほとんどがWordPress案件となっています。
ビール、料理、カメラ、アウトドア好き!

目次
閉じる