XMLサイトマップ作成&通知「Google XML Sitemaps」

カテゴリー:WordPressプラグインガイド

SEO(検索エンジン最適化)の第一歩

Webサイトを運営していてアクセスを獲得するには検索エンジンでの上位表示は必須です。SEO(検索エンジン最適化)の方法はいくつもありますが何といってもまずは検索エンジンに自分のWebサイトをしっかり認識してもらう必要があります。そのためにサイトマップを作成し更新されたらその情報を検索エンジンに通知します。しかしながら毎度サイトマップを作成しアップロードするのはとても面倒です。そこで活躍するのが「Google XML Sitemaps」です。

こんなことで困っていませんか?

  • 検索エンジンに自分のWebサイトが表示されない。
  • Webサイトを更新しているのになかなかアクセスが増えない。
  • 検索エンジンでもっと上位に表示されたい。
  • Webサイト更新時にサイトマップをその都度編集するのが面倒だ。

Google XML Sitemapsでできること

  • ページの作成更新の度に自動でサイトマップを作成してくれる。
  • 作成されたサイトマップを自動で検索エンジンに通知してくれる。
  • 検索エンジンに対応したXML形式のサイトマップを作成してくれる。

XML形式のサイトマップとは?

XMLサイトマップとは、Webサイトを構成する各ページのURL、更新日時などの要素をXMLタグでマークアップし、作成したXMLファイルです。どんなものかちょっと見てみましょう。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?><?xml-stylesheet type="text/xsl" href="https://wp-design.jp/wp-content/plugins/google-sitemap-generator/sitemap.xsl"?>
<urlset xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:schemaLocation="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9 http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9/sitemap.xsd" xmlns="http://www.sitemaps.org/schemas/sitemap/0.9">
<url>
  <loc>https://wp-design.jp/rental-server-guide/lolipop-hispeed-contract.html</loc>
  <lastmod>2019-09-26T08:05:05+00:00</lastmod>
  <changefreq>daily</changefreq>
  <priority>0.2</priority>
</url>
<url>
  <loc>https://wp-design.jp/column/wpx-renewal.html</loc>
  <lastmod>2019-09-25T06:32:01+00:00</lastmod>
  <changefreq>daily</changefreq>
  <priority>0.2</priority>
</url>
<url>
  <loc>https://wp-design.jp/wordpress/what-wordpress.html</loc>
  <lastmod>2019-09-24T07:43:59+00:00</lastmod>
  <changefreq>daily</changefreq>
  <priority>0.2</priority>
</url>
<url>
  <loc>https://wp-design.jp/rental-server-guide/lolipop-wordpress-install.html</loc>
  <lastmod>2019-09-23T07:04:26+00:00</lastmod>
  <changefreq>daily</changefreq>
  <priority>0.2</priority>
</url>
</urlset>

まあ、なんだかよくわからないですね。こういうのを作成して検索エンジンに通知すればいいといわれても出来ませんね…それがGoogle XML Sitemapsなら自動で作成してくれるのでとても助かりますね。多くの人にWebサイトを見てもらいたいのなら是非ともインストールしておきましょう。

Google XML Sitemapsのインストール

  1. WordPress管理画面(ダッシュボード)左側のメニュー「プラグイン」→「新規追加」をクリック。
  2. 「Google XML Sitemaps」を検索。
  3. 「今すぐインストール」をクリック。
  4. インストール完了後「有効化」をクリック。

Google XML Sitemapsの設定

Google XML Sitemapsの設定

①Google XML Sitemapsの設定画面を開く

WordPress管理画面(ダッシュボード)左側のメニュー「設定」→「XML Sitemap」をクリック。

②基本的な設定~通知を更新

初期状態でチェックは入っていると思いますが、3つのチェック項目すべてにチェックを入れておきましょう。

  1. Notify Google about updates of your site(Googleにサイトの更新を通知する)~チェックを入れます。
  2. Notify Bing (formerly MSN Live Search) about updates of your site(Bing、以前のMSNサーチにサイトの更新を通知する)~チェックを入れます。
  3. サイトマップの URL を仮想 robots.txt ファイルに追加~チェックを入れます。

③基本的な設定~高度な設定

ここは特に設定する必要はありません。

  1. メモリの最大値を以下に増加~空欄のままでOK。
  2. 実行時間制限を以下に増加~空欄のままでOK。
  3. Try to automatically compress the sitemap…(サイトマップを自動的に圧縮するか?)~チェックを入れます。
  4. XSLT スタイルシートを含める~空欄のままでOK。
  5. Override the base URL of the sitemap(サイトマップのURLをオーバーライド)~空欄のままでOK。
  6. HTML形式でのサイトマップを含める~チェックを入れます。
  7. 匿名の統計を許可する~チェックは入れない。
Google XML Sitemapsの設定

④Additional Pages(追加ページの設定)

ここではサイトマップに手動でURLを追加することが出来ます。サイト全体をWordPressで作成している時は不要ですが、他にもサイトマップに追加したいページがある場合は「新しいページを追加」をクリックして追加することが出来ます。

⑤投稿の優先順位

投稿の優先順位の計算方法を選択します。デフォルトでは「コメント数」にチェックが入っています。企業サイトなどはコメントを受けてけていない場合が多いですし、あとで自分で設定できるように「優先順位を自動的に計算しない」を選択します。

Google XML Sitemapsの設定

⑥Sitemap コンテンツ

サイトマップに記述する内容を設定します。基本的にはデフォルトのままでもOKですが、カテゴリーも含めtもよいでしょう。このサイトでは「ホームページ」「投稿 (個別記事) を含める」「固定ページを含めるカテゴリーページを含める」「最終更新時刻を含める」の5つにチェックを入れています。

⑦Excluded Items(除外するアイテム)

サイトマップに記述したくないカテゴリーにチェックを入れます。また、特定の固定ページ、投稿をサイトマップに記述したくない場合は固定ページまたは投稿のIDを入力します。固定ページ、投稿のIDは、その固定ページ、投稿の編集画面を開いた時のURLを見ます。

….wp-admin/post.php?post=0000&action=edit

このようになっている部分の「0000」の数字がIDです。

⑧Change Frequencies(頻度を変更する)

Webサイトの更新頻度に合わせて検索エンジンへの通知頻度を変更することが出来ます。このサイトでは以下のように設定しています。

  • ホームページ~毎日
  • 投稿(個別記事)~毎日
  • 固定ページ~毎週
  • カテゴリー別~毎日
  • 今月のアーカイブ~更新なし
  • 古いアーカイブ~毎年
  • タグページ~毎週
  • 投稿者ページ~毎週

⑨優先順位の設定

Webサイト内のコンテンツの優先順位を設定します。優先順位は1.0から0.0で設定できます。数値が大きいほうが優先度が高くなります。デフォルトのままでもよいですが、このサイトでは以下のように設定しています。

  • ホームページ~0.8
  • 投稿(個別記事)~0.8
  • 投稿優先度の最小値~0.8
  • 固定ページ~0.4
  • カテゴリー別~0.8
  • アーカイブ別~0.3
  • タグページ~0.6
  • 投稿者ページ~0.2

⑩設定を保存

「設定を更新」をクリックして設定を保存します。

WordPressのテーマはやっぱり国産テーマが安心!

WordPressのインストールは最近ではレンタルサーバー会社の「簡単インストール機能」などでだれでも簡単にできるようになりましたが、そこからのデザインがやっぱり悩みどころ。プラグインも何を使ったらよいのかわかんないし、解説サイトが英語表記というのもよくあるケースです。そして、

WordPressなんてムリだ…

なんていう残念な結論を出して、挫折してしまう方がとても多いです。
せっかく独自ドメイン取得したのに…
せっかくレンタルサーバー契約したのに…
せっかくWordPressインストールしたのに…
です。

WordPressのデザインを決めるものが「テーマ」であることは理解したと思いますが、どのテーマを選べばよいのかわからない…ダッシュボードのテーマの新規追加を試みても種類が多すぎるし、解説は英語だし、有効化してもよくわかんないし…

国産(日本語)のWordPressテーマを導入しよう

WordPressのダッシュボードからテーマを新規追加しようと探しても日本語のものはまず見つかりません。世界中のユーザーから見れば日本語なんて希少言語なので仕方ありません。日本語サイト向けのWordPressテーマはいくつもあります。それらの日本語サイト向けWordPressテーマはそれぞれのテーマ開発者のサイトなどで公開、販売されています。

日本語サイト向けWordPressテーマは有料のものも多いですが、有料であるからこそサポート体制も充実しています。多くの有料の日本語サイト向けWordPressテーマでは日本語での丁寧なサポートに対応しています。何をインストールすればよいかよくわからない「プラグイン」も不要だったり最小限の利用で済んだりします。以下に挙げる日本語サイト向けWordPressテーマは当サイトがおススメするWordPressテーマです。

おススメ① 高品質高機能なハイスペックなテーマ「DIVER」

WordPressテーマブロックエディター対応テーマ

WordPressテーマ「DIVER」はアフィリエイター、ブロガーにおススメのWordPressテーマです。目を引くほどのデザインではありませんが、ムダのないレイアウト構成は長い期間使っても飽きの来な… もっと見る

おススメ② オシャレなWordPressテーマ「STREETIST」

WordPressテーマブロックエディター対応テーマ

写真をクールに魅せてくれるWordPressテーマです。企業サイトでももちろん使えますが、写真をよく掲載するブロガーやアフィリエイトサイト運営者に向いているWordPressテーマですね。もちろんレス… もっと見る

おススメ③ ブロガー専用テーマ「ストーク19」

WordPressテーマブロックエディター対応テーマ

WordPressテーマ「ストーク(STORK)19」はレスポンシブデザインで特にスマホでの閲覧のしやすさを第一に考慮して設計されています。現在多くのウェブサイトではスマホでの閲覧がどんどん伸びていま… もっと見る

日本語サイト向けWordPressテーマをもっと見る

こちらもおススメ!!

日本語のWebサイト作成に必須「WP Multibyte Patch」

WPMultibytePatchはWordPressで日本語のWebサイトを作成する際には必須のプラグインです。WordPressをインストールした際に最初からインストールされている場合も多いです... もっと見る

リビジョンがどんどん保存されるのを制御しよう「Revisions Control」

リビジョンを制御してくれるプラグインもいくつかあるリビジョンを制御するプラグインとして「WPRevisionsControl」を紹介しましたが、同じような動作をするプラグインに「Revision... もっと見る

アイキャッチ画像を自動設定してくれる「XO Featured Image Tools」

設定画面が日本語の自動アイキャッチ設定プラグイン投稿や固定ページで記事の内容を分かりやすく表すためのアイキャッチ画像を自動的に設定してくれるプラグインとして「EasyAddThumbnail」を... もっと見る

アイキャッチ画像を自動設定してくれる「Easy Add Thumbnail」

結構な確率で設定し忘れるアイキャッチ画像投稿や固定ページの記事内容を分かりやすく表すためのアイキャッチ画像ですが、記事を投稿したときに結構な確率で設定し忘れたりします。記事を公開後、内容を確認するた... もっと見る

画像のサイズを一括で再生成してくれる「Regenerate Thumbnails」

過去の投稿で利用した画像サイズを一括で変換WordPressで固定ページや投稿に貼り付ける際に、画像をアップロードしますが、アップロード時に自動的にいくつかのサイズの画像を作成してくれます。作成され... もっと見る

ページナビゲーションを簡単に設置「WP-PageNavi」

「WP-PageNavi」はWordPressのカテゴリーやアーカイブページでのページナビゲーションを簡単に設置できるプラグインです。ページナビゲーションとは?このサイトで言えばオレンジの線で囲... もっと見る

SNSのシェアボタン、フォローボタンを簡単に設置「AddToAny Share Buttons」

多くの種類のSNSの共有ボタンに対応したプラグイン現在実に多くのSNSがあります。これらのSNSと共有するにはそれぞれのSNSの提供する共有ボタンのコードなどを記述する必要があります。WordPre... もっと見る

リビジョンがどんどん保存されるのを制御しよう「WP Revisions Control」

リビジョンってなあに?WordPressには「リビジョン(Revision)」という機能があります。「Revision」を翻訳すると「改訂、改版、訂正、改正、加筆…」というような意味です。WordP... もっと見る

「Contact Form 7」のフォームのレイアウトを見やすくする

WordPressで構築したホームページでお問い合わせフォームを設置する際に多くの方は「ContactForm7」を活用されるでしょう。ただ、フォームのレイアウトがイマイチなのでスッキリさせたいで... もっと見る

画像の拡大表示をカッコよく「Fancybox for WordPress」

「FancyboxforWordPress」はWordpressに貼り付けた画像、写真を拡大させるときにカッコよく表示させるためのプラグインです。どんな風に画像を拡大するのか?例えば以下のよう... もっと見る

こんな記事が良く読まれています

Amazonプライムの自動更新設定を解除いたしましたというメール

お知らせ&コラム

Amazonプライムというサービスをご存じの方も多いでしょう。Amazonをちょくちょく利用する方ならプライム会員になっている方も多いことと思います。みんなに嬉しい、Amazonプライムプライム会... もっと見る

ポータルサイトを作成するためのテーマ「EVERY」

ポータルサイトを作成するためのテーマ「EVERY」

WordPressテーマ

スマホの普及により多くの方が常にインターネットにアクセスし様々な情報やコンテンツにアクセスするようになってきました。この流れは今後もますます加速すると思われますが、これらのユーザーに満足してもらえる情... もっと見る

WordPressを簡単にインストールできるレンタルサーバー【1】

レンタルサーバーガイド

WordPressでWebサイトを制作する方が増えてきましたね。以前はWordPressをインストるする場合、サーバーにデータベースを作成し、インストールに必要な情報を入力したうえでWordPress... もっと見る

メディアと文章ブロック

WordPress投稿&固定ページ作成マニュアル

画像ブロックで画像の配置を設定できますが、「メディアと文章」ブロックではより豊富なレイアウトが可能になります。メディアと文章ブロックを追加上のスクリーンショットのように「①ブロックの追加」アイコン... もっと見る

画像の拡大表示をカッコよく「Fancybox for WordPress」

WordPressプラグインガイド

「FancyboxforWordPress」はWordpressに貼り付けた画像、写真を拡大させるときにカッコよく表示させるためのプラグインです。どんな風に画像を拡大するのか?例えば以下のよう... もっと見る

wp_list_categories( パラメータ )

WordPressテンプレートタグ

WordPressテンプレートタグ

カテゴリーのリストをリンク付で表示させます。リンクをクリックするとそのカテゴリーに属する投稿を表示させることが出来ます。サイドバーで使うことが多いです。その他トップページや固定ページのテンプレートでも... もっと見る

WordPressのインストール後のデザインは?

WordPress(ワードプレス)

最近のレンタルサーバーはWordPressのインストールが簡単にできますのでWordPressのインストールまでは誰でも戸惑うことなくできるようになりました。インストール後の基本設定も最低限必要なプラ... もっと見る

見出しブロック

WordPress投稿&固定ページ作成マニュアル

「見出し」はページの文章をわかりやすくするために段落などの前に配置します。書かれている文章を的確に表す「見出し」をつけることはサイトを閲覧しているユーザーのためにもSEOの観点からもとても重要です。「... もっと見る

アイキャッチ画像を自動設定してくれる「XO Featured Image Tools」

WordPressプラグインガイド

設定画面が日本語の自動アイキャッチ設定プラグイン投稿や固定ページで記事の内容を分かりやすく表すためのアイキャッチ画像を自動的に設定してくれるプラグインとして「EasyAddThumbnail」を... もっと見る

WordPressのメディア設定をしよう

WordPress(ワードプレス)

WordPressをインストールしたらまず最初にやっておきたい設定がいくつかあります。WordPressの固定ページや投稿の中で使用する画像のサイズをあらかじめ設定しておくことが必要です。WordP... もっと見る