画像のサイズを一括で再生成してくれる「Regenerate Thumbnails」

カテゴリー:WordPressプラグインガイド

Regenerate Thumbnails

過去の投稿で利用した画像サイズを一括で変換

WordPressで固定ページや投稿に貼り付ける際に、画像をアップロードしますが、アップロード時に自動的にいくつかのサイズの画像を作成してくれます。作成される画像のサイズは「WordPressのメディア設定」で行います。

WordPressで何年かウェブサイトを運営していると、リニューアル、テーマを変更したりすることは当然あります。その時、テーマによって適切な画像サイズが異なります。特に「アイキャッチ画像」のサイズはテーマによって異なることが多いです。

メディア設定で設定した画像サイズの画像作成は、画像アップロード時に作成されるのですでにアップロード済みの画像は再度アップロードしないと適切なサイズでの画像作成がされません。

しかし、記事数の多いサイトであればいちいちアップロードしなおすのは大変な作業です。そこで便利なのが「Regenerate Thumbnails」というプラグインです。このプラグインはすでにアップロードされている画像のサイズを一括で再生成してくれます。

「Regenerate Thumbnails」をインストール

「Regenerate Thumbnails」をインストール
  1. WordPress管理画面(ダッシュボード)左側のメニュー「プラグイン」→「新規追加」をクリック。
  2. 「Regenerate Thumbnails」を検索。
  3. 「今すぐインストール」をクリック。
  4. インストール完了後「有効化」をクリック。

「Regenerate Thumbnails」の使い方

Regenerate Thumbnails

「Regenerate Thumbnails」の設定画面へのアクセスは左のメニューの「ツール」→「Regenerate Thumbnails」とクリックします。

①すでに適切なサイズの画像がある

「Regenerate Thumbnails」を使用する前にアップロードした画像などすでに適切なサイズの画像がある場合はスキップしたほうが早く作業が終わります。スキップする場合はチェックを入れたままで。スキップしない場合はチェックを外します。

②以前の設定で作成されている画像

これまでの設定で作成された画像を削除する場合はチェックを入れます。ただ、投稿や固定ページで貼り付けている画像が表示されなくなったりする可能性があります。削除すればサーバーの領域は広がりますが、チェックを入れないほうが無難でしょう。

③すべての画像を再生成

このボタンをクリックすると投稿や固定ページに貼り付けた画像すべてを再生成します。

④アイキャッチのみ再生成

このボタンをクリックするとアイキャッチ画像のみ再生成します。

0

この記事に関連する投稿記事

画像の拡大表示をカッコよく「Fancybox for WordPress」

「FancyboxforWordPress」はWordpressに貼り付けた画像、写真を拡大させるときにカッコよく表示させるためのプラグインです。どんな風に画像を拡大するのか?例えば以下のよう... もっと見る

ブロックエディターで部分的に文字色を変更したい時「Advanced Rich Text Tools for Gutenberg」

WordPress5から登場した新しいエディターのブロックエディターですが、それ以前のエディターのクラシックエディターを使っていた人だと「どうすりゃいいんだよ!」って思うのが、部分的に文字色を変更した... もっと見る

アイキャッチ画像を自動設定してくれる「XO Featured Image Tools」

設定画面が日本語の自動アイキャッチ設定プラグイン投稿や固定ページで記事の内容を分かりやすく表すためのアイキャッチ画像を自動的に設定してくれるプラグインとして「EasyAddThumbnail」を... もっと見る

リビジョンがどんどん保存されるのを制御しよう「WP Revisions Control」

リビジョンってなあに?WordPressには「リビジョン(Revision)」という機能があります。「Revision」を翻訳すると「改訂、改版、訂正、改正、加筆…」というような意味です。WordP... もっと見る

リビジョンがどんどん保存されるのを制御しよう「Revisions Control」

リビジョンを制御してくれるプラグインもいくつかあるリビジョンを制御するプラグインとして「WPRevisionsControl」を紹介しましたが、同じような動作をするプラグインに「Revision... もっと見る

こんな記事が良く読まれています

WordPressのインストール後のデザインは?

WordPress(ワードプレス)

最近のレンタルサーバーはWordPressのインストールが簡単にできますのでWordPressのインストールまでは誰でも戸惑うことなくできるようになりました。インストール後の基本設定も最低限必要なプラ... もっと見る

WordPressを簡単にインストールできるレンタルサーバー【1】

レンタルサーバーガイド

WordPressでWebサイトを制作する方が増えてきましたね。以前はWordPressをインストるする場合、サーバーにデータベースを作成し、インストールに必要な情報を入力したうえでWordPress... もっと見る

ブロガー専用テーマ「ストーク19」

WordPressテーマブロックエディター対応テーマ

WordPressテーマ「ストーク(STORK)19」はレスポンシブデザインで特にスマホでの閲覧のしやすさを第一に考慮して設計されています。現在多くのウェブサイトではスマホでの閲覧がどんどん伸びていま... もっと見る

お名前.comでドメインを取得しよう

ドメイン取得と各種設定

ドメインの取得はレンタルサーバー会社でも取得できますが、一般的に割高であったり、将来サーバーを移転することがあったりした場合手続きが煩雑になる場合もあります。ドメインとサーバーは別々に契約しておくと管... もっと見る

WordPressを簡単にインストールできるレンタルサーバー【2】

レンタルサーバーガイド

WordPressでWebサイトを制作する方が増えてきましたね。以前はWordPressをインストるする場合、サーバーにデータベースを作成し、インストールに必要な情報を入力したうえでWordPress... もっと見る

WordPressで作成作業中のWebサイトを見られたくない時にする設定

WordPress(ワードプレス)

WordPressをインストールしたらまずは最初にやっておきたい設定がいくつかあります。まずは、WordPressで作成作業中のWebサイトを見られたくないと思ったときにしておく設定です。「制作中&... もっと見る

wp_list_categories( パラメータ )

WordPressテンプレートタグ

WordPressテンプレートタグ

カテゴリーのリストをリンク付で表示させます。リンクをクリックするとそのカテゴリーに属する投稿を表示させることが出来ます。サイドバーで使うことが多いです。その他トップページや固定ページのテンプレートでも... もっと見る

画像の拡大表示をカッコよく「Fancybox for WordPress」

WordPressプラグインガイド

「FancyboxforWordPress」はWordpressに貼り付けた画像、写真を拡大させるときにカッコよく表示させるためのプラグインです。どんな風に画像を拡大するのか?例えば以下のよう... もっと見る

ブロックエディターでコピペで勝手に半角スペースが入って困るとき

WordPress投稿&固定ページ作成マニュアル

WordPressの新しいエディターブロックエディターを使っていると「おや?」と思うのが…「テキストをコピペするとその前後に半角スペースが勝手に入る」っていうこと。ブロックエディターでコ... もっと見る

こういう人はホームページ公開、運営で失敗しやすい

ホームページ作成前に...

これまでホームページを公開したことない、運営したことないという方にとって果たしてこれから作成するホームページが効果あるものとなるのかどうかはとても不安に思われることだと思います。実際、ホームページを公... もっと見る