アップロードと同時に画像をリサイズ「Resize Image After Upload」

カテゴリー:WordPressプラグインガイド

Resize Image After Upload

WordPressに限ったことではありませんが、Webサイトを運営していれば大抵の場合そのWebサイトには画像を貼り付けるでしょう。Webサイトで使用する画像のサイズは大体どれくらいなのでしょうか?このすぐ上のプラグインサイトのスクリーンショットの画像は縦600ピクセル、横1000ピクセルです。では、カメラで撮影した画像のサイズはどれくらいでしょう?

Webサイトに貼り付ける写真は適切なサイズで

ちなみにiPhoneのカメラで撮影した写真はは12MP(メガピクセル)。つまり4000ピクセル×3000ピクセル相当のサイズです。私が使用しているパソコンのモニターが27インチで2560ピクセル×1440ピクセルです。そのままのサイズですと大きくはみ出してしまうサイズです。写真のファイルサイズも3MBくらいになるかと思います。

撮影した写真そのままをWebサイトに貼り付けることは不必要にサイズが大きすぎます。ファイルサイズも大きいので貼り付けた写真の枚数が多ければ当然、表示に時間も要します。サーバーのディスク容量も無駄に占有してしまいます。

というわけで、Webサイトに画像を貼り付ける場合、適切なサイズにリサイズする必要があるのですが、ソフトウェアでいちいちリサイズするのも面倒です。そんな時に便利なプラグインが「Resize Image After Upload」です。

こんなことで困っていませんか?

  • 写真を多く貼り付けたWebサイトを運営しているが表示が遅い…
  • Webサイトに貼り付ける写真をリサイズしたいがソフトウェアがない…
  • 簡単に写真をリサイズしたいんだけど?

Resize Image After Uploadでできること

  • 写真をアップロードするときに指定したサイズに自動的にリサイズする。

Resize Image After Uploadインストール

Resize Image After Uploadインストール
  1. WordPress管理画面(ダッシュボード)左側のメニュー「プラグイン」→「新規追加」をクリック。
  2. 「Resize Image After Upload」を検索。
  3. 「今すぐインストール」をクリック。
  4. インストール完了後「有効化」をクリック。

Resize Image After Uploadの設定

Resize Image After Uploadの設定

①Resize Image After Uploadの設定画面を開く

WordPress管理画面(ダッシュボード)左側のメニュー「設定」→「Resize Image Upload」をクリック。

②画像をリサイズするかどうか?

「Enable re-sizing(サイズ変更を有効にするか)」画像を自動的にリサイズするなら「YES – resize large images」を選択。このプラグインをインストールしている時点で「YES」にしないと意味ないですね。

③Max image dimensions(最大画像サイズ)を設定

最大幅、最大高さのいずれかでリサイズされます。幅または高さで固定したい場合は固定しない方の数値を0またはものすごく大きい数値にします。

④JPEG compression level(JPEG画像の圧縮レベル)を設定

JPEG画像を圧縮する際のレベル。100までの数値で数値が大きいほど画質は良いがファイルサイズは大きくなります。

⑤Force JPEG re-compression(強制的に圧縮するか?)を設定

このプラグインでリサイズした画像のみJEPG画像圧縮する場合は「NO – only re-compress resized jpeg images」を選択し、アップロードしたすべての画像をJPEG画像圧縮する場合は「YES – re-compress all uploaded ipeg images」を選択します。

⑥Convert PNG to JPEG(PNGからJPEGへの変換)を設定

写真はPNG画像として保存されている場合、非常にファイルサイズが大きくなります。「YES」にするとすべてのPNG画像をJPEG画像に変換してくれます。ただ、イラストや図など敢えてPNG画像で作成しているものも変換されるため運営するWebサイトで使用する画像がどんなファイル形式かを確認して設定しましょう。一般的にはデジカメで撮影した写真はJPEG画像で保存されているのでこの設定は「NO」のままで良いでしょう。

⑦設定を保存

「Update Options」をクリックして設定を保存します。

こんな記事が良く読まれています

こういう人はホームページ公開、運営で失敗しやすい

ホームページ作成前に...

これまでホームページを公開したことない、運営したことないという方にとって果たしてこれから作成するホームページが効果あるものとなるのかどうかはとても不安に思われることだと思います。実際、ホームページを公... もっと見る

WordPressを簡単にインストールできるレンタルサーバー【1】

レンタルサーバーガイド

WordPressでWebサイトを制作する方が増えてきましたね。以前はWordPressをインストるする場合、サーバーにデータベースを作成し、インストールに必要な情報を入力したうえでWordPress... もっと見る

お名前.comでドメインを取得しよう

ドメイン取得と各種設定

ドメインの取得はレンタルサーバー会社でも取得できますが、一般的に割高であったり、将来サーバーを移転することがあったりした場合手続きが煩雑になる場合もあります。ドメインとサーバーは別々に契約しておくと管... もっと見る

WordPressを簡単にインストールできるレンタルサーバー【2】

レンタルサーバーガイド

WordPressでWebサイトを制作する方が増えてきましたね。以前はWordPressをインストるする場合、サーバーにデータベースを作成し、インストールに必要な情報を入力したうえでWordPress... もっと見る

さくらインターネット・レンタルサーバー

レンタルサーバーガイド

さくらインターネットのレンタルサーバーははじめてレンタルサーバーを借りる人でも料金的にも安心なレンタルサーバーサービスです。そして、ビジネス利用にもしっかり対応できるプランまで5つのプランがあります... もっと見る

ブロックエディターでコピペで勝手に半角スペースが入って困るとき

WordPress投稿&固定ページ作成マニュアル

WordPressの新しいエディターブロックエディターを使っていると「おや?」と思うのが…「テキストをコピペするとその前後に半角スペースが勝手に入る」っていうこと。ブロックエディターでコ... もっと見る

HTMLは覚えたほうがいいのか?

ホームページ作成前に...

ホームページは「HTML」っていうもので書かれているということは自分でホームページを作ろうと思っている方なら知っていると思います。しかし「HTML」を知っているか?というとそうではない方が多いのも事実... もっと見る

WordPressで作成作業中のWebサイトを見られたくない時にする設定

WordPress(ワードプレス)

WordPressをインストールしたらまずは最初にやっておきたい設定がいくつかあります。まずは、WordPressで作成作業中のWebサイトを見られたくないと思ったときにしておく設定です。「制作中&... もっと見る

投稿の新規追加~ブロックエディターの基本

WordPress投稿&固定ページ作成マニュアル

WordPressの投稿、固定ページの作成画面はWordPress5のバージョンから「ブロックエディター」と呼ばれる画面になりました。長年WordPressに慣れ親しんできた方にはちょっと戸惑うほどの... もっと見る

リビジョンがどんどん保存されるのを制御しよう「WP Revisions Control」

WordPressプラグインガイド

リビジョンってなあに?WordPressには「リビジョン(Revision)」という機能があります。「Revision」を翻訳すると「改訂、改版、訂正、改正、加筆…」というような意味です。WordP... もっと見る