リビジョンがどんどん保存されるのを制御しよう「WP Revisions Control」

カテゴリー:WordPressプラグインガイド

WP Revisions Control

リビジョンってなあに?

WordPressには「リビジョン(Revision)」という機能があります。「Revision」を翻訳すると「改訂、改版、訂正、改正、加筆…」というような意味です。WordPressで固定ページ、投稿を作成している時「下書きとして保存」をクリックして「プレビュー」で表示確認をすることがありますね。その「下書きとして保存」したときに「リビジョン」が作成されます。また、公開後の固定ページや投稿を再編集し「更新」をクリックしたときにも「リビジョン」は作成されます。

この「リビジョン」の機能を活用すれば、過去に保存した記事の内容に戻ることが出来るのでとても便利です…というか、個人運営のWebサイトの場合そんなケースは滅多にない気がします。しかもこのリビジョン、保存するたびに作成されるので放っておくと膨大なリビジョン数になってしまいます。

このリビジョンはどこに保存されるかというと「データベース」です。保存されるリビジョンが多くなればデータベースもどんどん大きくなっていきます。それは少々困りものです。で、この「WP Revisions Control」というプラグインを利用すると保存されるリビジョンの数をコントロールすることが出来ます。

こんなことで困っていませんか?

  • リビジョンがどんどん保存されてデータベースが肥大化してしまう…
  • リビジョンって無限に増え続けるの?
  • リビジョンって自分にはあんまり必要ない気がする…

WP Revisions Controlでできること

  • 固定ページ、投稿で作成されるリビジョンの上限数を設定し、制御できる

WP Revisions Controlのインストール

WP Revisions Controlのインストール
  1. WordPress管理画面(ダッシュボード)左側のメニュー「プラグイン」→「新規追加」をクリック。
  2. 「WP Revisions Control」を検索
  3. 「今すぐインストール」をクリック
  4. インストール完了後「有効化」をクリック

WP Revisions Controlの設定

Webサイト全体のリビジョン数の設定

  1. WordPress管理画面(ダッシュボード)左側のメニュー「設定」→「投稿設定」をクリック
  2. WP Revisions Controlの項目の投稿、固定ページ、カスタムCSSの保存するリビジョンの上限数を入力する
  3. 「変更を保存」をクリック。

個別の固定ページ、投稿のリビジョン数の設定

個別の固定ページ、投稿のリビジョン数の設定

個別の固定ページ、投稿のリビジョン数をそれぞれ設定することも可能です。各固定ページ、投稿のページ下部に保存されているリビジョンとそのリビジョンを削除できる「Purge these revisions」というボタン。

また、この個別の固定ページまたは投稿でのリビジョン数を設定できる入力欄が表示されます。この入力欄を空欄にしておくと「Webサイト全体のリビジョン数の設定」で設定した数のリビジョンが保存されます。

この記事に関連する投稿記事

ブロックエディターで部分的に文字色を変更したい時「Advanced Rich Text Tools for Gutenberg」

WordPress5から登場した新しいエディターのブロックエディターですが、それ以前のエディターのクラシックエディターを使っていた人だと「どうすりゃいいんだよ!」って思うのが、部分的に文字色を変更した... もっと見る

画像のサイズを一括で再生成してくれる「Regenerate Thumbnails」

過去の投稿で利用した画像サイズを一括で変換WordPressで固定ページや投稿に貼り付ける際に、画像をアップロードしますが、アップロード時に自動的にいくつかのサイズの画像を作成してくれます。作成され... もっと見る

リビジョンがどんどん保存されるのを制御しよう「Revisions Control」

リビジョンを制御してくれるプラグインもいくつかあるリビジョンを制御するプラグインとして「WPRevisionsControl」を紹介しましたが、同じような動作をするプラグインに「Revision... もっと見る

日本語のWebサイト作成に必須「WP Multibyte Patch」

WPMultibytePatchはWordPressで日本語のWebサイトを作成する際には必須のプラグインです。WordPressをインストールした際に最初からインストールされている場合も多いです... もっと見る

アップロードと同時に画像をリサイズ「Resize Image After Upload」

WordPressに限ったことではありませんが、Webサイトを運営していれば大抵の場合そのWebサイトには画像を貼り付けるでしょう。Webサイトで使用する画像のサイズは大体どれくらいなのでしょうか?こ... もっと見る

こんな記事が良く読まれています

WordPressのインストール後のデザインは?

WordPress(ワードプレス)

最近のレンタルサーバーはWordPressのインストールが簡単にできますのでWordPressのインストールまでは誰でも戸惑うことなくできるようになりました。インストール後の基本設定も最低限必要なプラ... もっと見る

Amazonプライムの自動更新設定を解除いたしましたというメール

お知らせ&コラム

Amazonプライムというサービスをご存じの方も多いでしょう。Amazonをちょくちょく利用する方ならプライム会員になっている方も多いことと思います。みんなに嬉しい、Amazonプライムプライム会... もっと見る

WordPressを簡単にインストールできるレンタルサーバー【1】

レンタルサーバーガイド

WordPressでWebサイトを制作する方が増えてきましたね。以前はWordPressをインストるする場合、サーバーにデータベースを作成し、インストールに必要な情報を入力したうえでWordPress... もっと見る

画像の拡大表示をカッコよく「Fancybox for WordPress」

WordPressプラグインガイド

「FancyboxforWordPress」はWordpressに貼り付けた画像、写真を拡大させるときにカッコよく表示させるためのプラグインです。どんな風に画像を拡大するのか?例えば以下のよう... もっと見る

WordPressで作成作業中のWebサイトを見られたくない時にする設定

WordPress(ワードプレス)

WordPressをインストールしたらまずは最初にやっておきたい設定がいくつかあります。まずは、WordPressで作成作業中のWebサイトを見られたくないと思ったときにしておく設定です。「制作中&... もっと見る

wp_list_categories( パラメータ )

WordPressテンプレートタグ

WordPressテンプレートタグ

カテゴリーのリストをリンク付で表示させます。リンクをクリックするとそのカテゴリーに属する投稿を表示させることが出来ます。サイドバーで使うことが多いです。その他トップページや固定ページのテンプレートでも... もっと見る

WordPressを簡単にインストールできるレンタルサーバー【2】

レンタルサーバーガイド

WordPressでWebサイトを制作する方が増えてきましたね。以前はWordPressをインストるする場合、サーバーにデータベースを作成し、インストールに必要な情報を入力したうえでWordPress... もっと見る

ブロガー専用テーマ「ストーク19」

WordPressテーマブロックエディター対応テーマ

WordPressテーマ「ストーク(STORK)19」はレスポンシブデザインで特にスマホでの閲覧のしやすさを第一に考慮して設計されています。現在多くのウェブサイトではスマホでの閲覧がどんどん伸びていま... もっと見る

WordPress簡単インストールのレンタルサーバー【おススメ編】

レンタルサーバーガイド

WordPressでWebサイトを制作する方が増えてきましたね。以前はWordPressをインストールする場合、サーバーにデータベースを作成し、インストールに必要な情報を入力したうえでWordPres... もっと見る

お名前.comでドメインを取得しよう

ドメイン取得と各種設定

ドメインの取得はレンタルサーバー会社でも取得できますが、一般的に割高であったり、将来サーバーを移転することがあったりした場合手続きが煩雑になる場合もあります。ドメインとサーバーは別々に契約しておくと管... もっと見る