ロリポップ!ユーザー専用ページにログインしてみる

カテゴリー:レンタルサーバーガイド

2019年9月2日にリリースされたロリポップ! レンタルサーバーのハイスピードプラン。早速申し込んでみました。ロリポップ!の申し込み手順はこちらの記事をご覧ください。

申し込みが完了するとすぐに「【ロリポップ!】お申込み完了のお知らせ」という件名のメールが届きます。その内容を確認しましょう。

ロリポップ!ユーザー専用ページにログイン

そのメールに書かれているユーザー専用ページにアクセスしてみましょう。
上の画像のようなログイン画面が表示されます。

申し込み時に入力したロリポップ初期ドメインとパスワードを入力し「ログイン」をクリックします。

ロリポップ・ユーザー専用ページ

ユーザー専用ページのトップページではホームページ作成のためのメインのボタンがあります。人によってそれぞれかと思いますが、まずは独自ドメインの設定をするところから始めるのが良いでしょう。WordPressをインストールするにしろメールアドレスを設定するにしろ、独自ドメインの設定が終わっていないとロリポップ!の初期ドメインでしか利用できません。

WordPressをインストール

みんながよく知っているWordPressのインストールもいきなりできちゃいます。「WordPressをインストール」をクリックすると面倒なデータベースの作成は自動で行ってくれ、「サイトのタイトル」「ユーザー名」「パスワード」「メールアドレス」を入力するだけでインストール出来ちゃいます。

データをアップロードする

すでにホームページをホームページ作成ソフトなどで作成してある場合はデータを簡単にアップロードできるロリポップ!FTPを利用すると便利です。「データをアップロードする」をクリックすると別ウィンドウ(タブ)でロリポップ!FTPのページが開きます。サーバーにあるファイルやフォルダを視覚的に確認でき、直感的に操作できるでしょう。

独自ドメインを設定する

ホームページを運営するなら独自ドメインは必須です。「独自ドメインを設定する」をクリックするとドメインを設定できます。まだドメインをお持ちでない方は「独自ドメインを取得する」をクリックすると「ムームードメイン 」のサイトが開きますので、そこで独自ドメインを取得しましょう。

メールアドレスを作成する

ロリポップ!では、だれでも複数のメールアドレスを持つことができます。転送・受信設定・メールマガジンなどの機能を活用できます!

ロリポップ!のマニュアルを見てみる

ロリポップ!ユーザー専用ページのメニュー

サーバーの管理・設定

独自ドメインの設定

独自ドメインを新規に設定できます。独自ドメインを持っていない方は「独自ドメインを取得する」ボタンをクリックするとムームードメインでドメインを取得可能です。400種類以上のドメインから選択でき、キャンペーンなどあると割引や初年度無料の場合もあります。

ロリポップ!FTP

ホームページのデータをブラウザ上で簡単にアップロードできるファイルマネジャーです。視覚的に操作できるので初心者でも安心です。

ロリポップ!アクセラレータ

ロリポップ!アクセラレータを利用すると、ホームページの表示を高速化し、サーバー高負荷時でも安定してホームページを表示させます。WordPress、EC-CUBE、baserCMS(4.2.0以降)、独自動的アプリケーション、静的サイトなど、幅広く効果を発揮します。ロリポップ!のテストではWordPressで制作されたサイトで24倍のパフォーマンス改善が見られたとのことです。

ディスク使用料

ロリポップ!ハイスピードプランのディスク容量は200GBです。このディスク容量を使い切ることは滅多なことではないですが、一応確認できるページがあります。

データベース

WordPressなどのCMSを利用するときにデータベースを利用しますが、簡単インストールでは自動的にデータベースを作成してくれるので自分でデータベースを作成することはあまりないでしょう。

バックアップ

バックアップのオプションを申し込む場合はこちらから申し込みます。WordPressなどのCMSはホームページのデータをすべてサーバー上で管理するため、万一誤った操作のためにホームページのデータが無くなっていしまった場合バックアップがないとホームページを元に戻すことが出来ません。一ヶ月300円ですので不安のある方は申し込んでおくことをおススメします。

なお、バックアップオプションに申し込んでいなくても復旧手数料10,000円を支払うとロリポップ!の保管しているバックアップデータを復元できるそうです。WordPressの場合はバックアッププラグインを活用して自分のパソコンやドロップボックスなどのストレージサービスに保管しておくことも一つの手段ですね。

エラーページ変更

404エラー(ページが見つかりません)などのエラーページをオリジナルのエラーページに差し替えることが出来ます。サイトの規模が大きくなってくるとどんなに注意していてもリンク切れが発生し404エラーになることがあります。そんなときもオリジナルのエラーページでサイトの主なメニューを表示しておくことは大切です。

ロリポップ!のマニュアルを見てみる

サイト作成ツール

ホームページ運営に便利な作成ツールを簡単にインストールできます。「WordPress」「baserCMS」「EC-CUBE」「Bootstrap」「ロリポップ!スタジオ」「ロリポブログ」のインストールが可能です。

ロリポップ!のマニュアルを見てみる

セキュリティ

独自ドメインを取得したら独自SSLを設定して、安全なサイト運営をしたいものです。無料の独自SSLも設定可能です。その他「アクセス制限」「FTPアクセス制限」「海外アタックガード」などの設定ができます。

メール

メールアドレスの作成や削除、ブラウザ上でメールの送受信が可能なロリポップ!Webメーラーにログインできます。

これらの設定のほか、ユーザーの情報、契約管理、お支払いなどがユーザー専用ページで管理できます。

ロリポップ!のマニュアルを見てみる

0

この記事に関連する投稿記事

さくらインターネット・レンタルサーバー

さくらインターネットのレンタルサーバーははじめてレンタルサーバーを借りる人でも料金的にも安心なレンタルサーバーサービスです。そして、ビジネス利用にもしっかり対応できるプランまで5つのプランがあります... もっと見る

ロリポップ!ハイスピードプランを正式に契約する

2019年9月20日に申し込んだロリポップ!レンタルサーバーのハイスピードプランの10日間お試し期間の期限が近付いているので正式に契約手続きをすることにしました。インストールしたWordPressの... もっと見る

WordPressを簡単にインストールできるレンタルサーバー【2】

WordPressでWebサイトを制作する方が増えてきましたね。以前はWordPressをインストるする場合、サーバーにデータベースを作成し、インストールに必要な情報を入力したうえでWordPress... もっと見る

ロリポップ!ハイスピードプランに申し込んでみる

2019年9月2日にリリースされたロリポップ!レンタルサーバーのハイスピードプラン。以前は使っていましたが最近のロリポップのサーバーを利用していないし、新しいプランなので気になるし、今月中は初期費用... もっと見る

WordPressを簡単にインストールできるレンタルサーバー【1】

WordPressでWebサイトを制作する方が増えてきましたね。以前はWordPressをインストるする場合、サーバーにデータベースを作成し、インストールに必要な情報を入力したうえでWordPress... もっと見る

こんな記事が良く読まれています

WordPressのインストール後のデザインは?

WordPress(ワードプレス)

最近のレンタルサーバーはWordPressのインストールが簡単にできますのでWordPressのインストールまでは誰でも戸惑うことなくできるようになりました。インストール後の基本設定も最低限必要なプラ... もっと見る

WordPressを簡単にインストールできるレンタルサーバー【1】

レンタルサーバーガイド

WordPressでWebサイトを制作する方が増えてきましたね。以前はWordPressをインストるする場合、サーバーにデータベースを作成し、インストールに必要な情報を入力したうえでWordPress... もっと見る

ブロガー専用テーマ「ストーク19」

WordPressテーマブロックエディター対応テーマ

WordPressテーマ「ストーク(STORK)19」はレスポンシブデザインで特にスマホでの閲覧のしやすさを第一に考慮して設計されています。現在多くのウェブサイトではスマホでの閲覧がどんどん伸びていま... もっと見る

お名前.comでドメインを取得しよう

ドメイン取得と各種設定

ドメインの取得はレンタルサーバー会社でも取得できますが、一般的に割高であったり、将来サーバーを移転することがあったりした場合手続きが煩雑になる場合もあります。ドメインとサーバーは別々に契約しておくと管... もっと見る

WordPressを簡単にインストールできるレンタルサーバー【2】

レンタルサーバーガイド

WordPressでWebサイトを制作する方が増えてきましたね。以前はWordPressをインストるする場合、サーバーにデータベースを作成し、インストールに必要な情報を入力したうえでWordPress... もっと見る

WordPressで作成作業中のWebサイトを見られたくない時にする設定

WordPress(ワードプレス)

WordPressをインストールしたらまずは最初にやっておきたい設定がいくつかあります。まずは、WordPressで作成作業中のWebサイトを見られたくないと思ったときにしておく設定です。「制作中&... もっと見る

画像の拡大表示をカッコよく「Fancybox for WordPress」

WordPressプラグインガイド

「FancyboxforWordPress」はWordpressに貼り付けた画像、写真を拡大させるときにカッコよく表示させるためのプラグインです。どんな風に画像を拡大するのか?例えば以下のよう... もっと見る

wp_list_categories( パラメータ )

WordPressテンプレートタグ

WordPressテンプレートタグ

カテゴリーのリストをリンク付で表示させます。リンクをクリックするとそのカテゴリーに属する投稿を表示させることが出来ます。サイドバーで使うことが多いです。その他トップページや固定ページのテンプレートでも... もっと見る

ブロックエディターでコピペで勝手に半角スペースが入って困るとき

WordPress投稿&固定ページ作成マニュアル

WordPressの新しいエディターブロックエディターを使っていると「おや?」と思うのが…「テキストをコピペするとその前後に半角スペースが勝手に入る」っていうこと。ブロックエディターでコ... もっと見る

こういう人はホームページ公開、運営で失敗しやすい

ホームページ作成前に...

これまでホームページを公開したことない、運営したことないという方にとって果たしてこれから作成するホームページが効果あるものとなるのかどうかはとても不安に思われることだと思います。実際、ホームページを公... もっと見る