get bloginfo( パラメータ )

WordPressテンプレートタグ

「get bloginfo()」はPHPコード内の他の部分で使用できるようにサイトに関する情報を返します。

目次

get bloginfo()とbloginfo()の違いは?

またこの関数とよく似ている関数に「bloginfo()」がありますが、こちらははテンプレートファイル内の任意の場所で、サイト情報を表示するために使用できます。まとめると…

  • bloginfo()→ ブログ情報を表示する
  • get_bloginfo() → ブログ情報を戻り値として返す

get bloginfo()の記述方法

<?php $bloginfo = get_bloginfo( $show, $filter ); ?>

パラメータ

$show

(文字列)(オプション)取得したい情報を指すキーワード。初期値:name

name

サイトのタイトル。設定」→「一般設定」サイトのタイトルを返す。wp_optionsテーブル の「blogname」レコードから取得。

<?php $blog_title = get_bloginfo('name'); ?>

description

「設定」→「一般設定」キャッチフレーズ・このサイトの簡単な説明を返す。wp_optionsテーブル の「blogdescription」レコードから取得。

<?php $blog_description = get_bloginfo('description'); ?>

url

「設定」→「一般設定」サイトアドレス (URL)を返す。wp_optionsテーブル の「home」レコードから取得。home_url()と同じ。

<?php $blog_url = get_bloginfo('url'); ?>

admin_email

「設定」→「一般設定」メールアドレスを返す。wp_optionsテーブル の「admin_email」レコードから取得

<?php $blog_admin_email = get_bloginfo('admin_email'); ?>

stylesheet_url

テーマのプライマリーCSSファイル(通常はstyle.css)のURL。この関数の代わりにget_stylesheet_uri()を使用。

stylesheet_directory

テーマのスタイルシートディレクトリーのURL。この関数の代わりにget_stylesheet_directory_uri()を使用。

template_url / template_directory

テーマのディレクトリー。子テーマではget_bloginfo(‘template_url’)とget_template()の両方とも親テーマのディレクトリーを返す。この関数の代わりにget_template_directory_uri()(親テンプレートのディレクトリー)またはget_stylesheet_directory_uri()(子テンプレートのディレクトリー)を使用。

WordPressのテーマはやっぱり国産テーマが安心!

WordPressのインストールは最近ではレンタルサーバー会社の「簡単インストール機能」などでだれでも簡単にできるようになりましたが、そこからのデザインがやっぱり悩みどころ。プラグインも何を使ったらよいのかわかんないし、解説サイトが英語表記というのもよくあるケースです。そして、

WordPressなんてムリだ…

なんていう残念な結論を出して、挫折してしまう方がとても多いです。
せっかく独自ドメイン取得したのに…
せっかくレンタルサーバー契約したのに…
せっかくWordPressインストールしたのに…
です。

WordPressのデザインを決めるものが「テーマ」であることは理解したと思いますが、どのテーマを選べばよいのかわからない…ダッシュボードのテーマの新規追加を試みても種類が多すぎるし、解説は英語だし、有効化してもよくわかんないし…

国産(日本語)のWordPressテーマを導入しよう

WordPressのダッシュボードからテーマを新規追加しようと探しても日本語のものはまず見つかりません。世界中のユーザーから見れば日本語なんて希少言語なので仕方ありません。日本語サイト向けのWordPressテーマはいくつもあります。それらの日本語サイト向けWordPressテーマはそれぞれのテーマ開発者のサイトなどで公開、販売されています。

日本語サイト向けWordPressテーマは有料のものも多いですが、有料であるからこそサポート体制も充実しています。多くの有料の日本語サイト向けWordPressテーマでは日本語での丁寧なサポートに対応しています。何をインストールすればよいかよくわからない「プラグイン」も不要だったり最小限の利用で済んだりします。以下に挙げる日本語サイト向けWordPressテーマは当サイトがおススメするWordPressテーマです。

おススメ① 高品質高機能なハイスペックなテーマ「DIVER」

WordPressテーマブロックエディター対応テーマ

WordPressテーマ「DIVER」はアフィリエイター、ブロガーにおススメのWordPressテーマです。目を引くほどのデザインではありませんが、ムダのないレイアウト構成は長い期間使っても飽きの来な… もっと見る

おススメ② オシャレなWordPressテーマ「STREETIST」

WordPressテーマブロックエディター対応テーマ

写真をクールに魅せてくれるWordPressテーマです。企業サイトでももちろん使えますが、写真をよく掲載するブロガーやアフィリエイトサイト運営者に向いているWordPressテーマですね。もちろんレス… もっと見る

おススメ③ ブロガー専用テーマ「ストーク19」

WordPressテーマブロックエディター対応テーマ

WordPressテーマ「ストーク(STORK)19」はレスポンシブデザインで特にスマホでの閲覧のしやすさを第一に考慮して設計されています。現在多くのウェブサイトではスマホでの閲覧がどんどん伸びていま… もっと見る

日本語サイト向けWordPressテーマをもっと見る

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めてホームページを作成したのは1996年。
2000年よりフリーランスで主に中小企業、学校、各種公的団体、個人事業主のホームページ制作を行っています。
近年はほとんどがWordPress案件となっています。
ビール、料理、カメラ、アウトドア好き!

目次
閉じる