wp_list_categories( パラメータ )

カテゴリー:WordPressテンプレートタグ

WordPressテンプレートタグ

カテゴリーのリストをリンク付で表示させます。リンクをクリックするとそのカテゴリーに属する投稿を表示させることが出来ます。サイドバーで使うことが多いです。その他トップページや固定ページのテンプレートでも使ったりします。

記述方法

<?php wp_list_categories( $args ); ?>

パラメータ

show_option_all

文字列を設定すると、全てのカテゴリーの記事を表示するページ、つまりトップページへのリンクを、カテゴリーリストの先頭に表示します。リンクテキストはこのパラメータで指定した文字列になります。デフォルトは非表示です。

<?php wp_list_categories('show_option_all=トップページ'); ?>

orderby

カテゴリーのリストのソート(並び順)。デフォルトではカテゴリー名でソートします。

  • name – カテゴリー名のアルファベット順(初期値)
  • ID – カテゴリーID
  • slug – カテゴリースラッグ
  • count – カテゴリーの投稿数
  • term_group – タームグループ
<?php wp_list_categories('orderby=ID'); ?>

order

カテゴリーのソート順(並び順)。

  • ASC – 昇順(初期値)
  • DESC – 降順
<?php wp_list_categories('orderby=ID&order=DESC'); ?>

show_count

各カテゴリーに属する投稿数を表示させるかどうか。初期値は非表示。

  • 1 (true) – 表示
  • 0 (false) – 非表示(初期値)
<?php wp_list_categories('orderby=ID&show_count=1'); ?>

hide_empty

投稿のないカテゴリーも表示させるか否か。

  • 1 (true) – 空カテゴリーを隠す(初期値)
  • 0 (false) – 全て表示
<?php wp_list_categories('orderby=ID&hide_empty=0'); ?>

child_of

このパラメーターで指定したカテゴリーIDの子カテゴリーのみ表示します。初期値なし。このパラメータを使うと、hide_empty パラメータに false がセットされます。

<?php wp_list_categories('orderby=ID&child_of=5'); ?>

exclude

指定したカテゴリー(複数選択可)を表示させないようにする。表示させないカテゴリーID をカンマ区切りで昇順に指定する。child_of パラメータは自動的に無効となります。

<?php wp_list_categories('exclude=1,4'); ?>

exclude_tree

結果から除外するカテゴリーツリー。

include

指定したカテゴリーIDのみを表示させる。複数指定可能。カンマ区切りで昇順に指定する。

<?php wp_list_categories('include=4,5'); ?>

hierarchical

子カテゴリーを親カテゴリーに属するツリー表示にするかどうか。初期値はツリー表示にさせる。

  • 1 (true) – ツリー表示(初期値)
  • 0 (false) – 親子同レベル
<?php wp_list_categories('hierarchical=0'); ?>

title_li

カテゴリーリストの外側に表示するタイトルと表示形式。デフォルトは “_Categories”。このパラメータを中味を空で指定すると、カテゴリーリストの外側には何も表示しません。

<?php wp_list_categories('title_li=<h2>これがカテゴリーだ</h2>'); ?>

number

表示するカテゴリー数を設定します。初期値は無制限。

<?php wp_list_categories('number=5'); ?>

echo

結果(カテゴリーのリスト)を表示するか、変数等へ値を返すか。

  • 1 (true) – 表示(初期値)
  • 0 (false) – 値を返す
<?php
$parentheses = wp_list_categories('echo=0&show_count=1&pad_counts=0');
$parentheses = str_replace(array('(',')'), array('[',']'), $parentheses);
echo $parentheses;
?>

上記記述でカテゴリーリストに投稿数を表示させて、「 ( , ) 」を「 [ , ] 」に変更させる。「$parentheses」は変数なのでどのような文字列でもOK。

depth

カテゴリー階層のどのレベルまでをカテゴリーリストに表示させるかを指定します。初期値は「0」で全親子カテゴリーを出力します。

  • 0 – 全ての親子カテゴリーを出力 (初期値)
  • -1 – 全てのカテゴリーをフラット(インデントなし)形式で出力(hierarchical パラメータより優先)
  • 1 – 最上位カテゴリーのみ出力
  • n – n(数値)階層目までを出力。’2′ と指定すれば、最上位とすぐ下の子カテゴリーまでを出力。
<?php wp_list_categories('depth=2'); ?>

current_category

ある投稿を表示させているときに属するカテゴリーに「current-cat」と言うクラスや親カテゴリーには「current-cat-parent」と言うクラスをつける。メニューのハイライト表示に使える。

<?php
$catid = get_the_category();
$myCat = $catid[0]->cat_ID;
wp_list_categories('current_category='.$myCat);
?>

pad_counts

子カテゴリーの投稿数を含めて親カテゴリーの投稿数を計算するかどうか。

  • 1 (true)
  • 0 (false) – 初期値
<?php wp_list_categories('show_count=1&pad_counts=0'); ?>

taxonomy

返す分類名。

  • category – デフォルト
  • taxonomy – または登録されたタクソノミーのいずれか

walker

リストをレンダリングする Walker クラス。

  • object – Walker_Category または Walker を拡張する Class インスタンス

カテゴリーリストのマークアップ

<?php wp_list_categories(); ?>とだけ書くと、生成されるコードは次のようになります。

<li class="categories">カテゴリー
  <ul>
    <li class="cat-item cat-item-ID"><a href="http://~/" title="カテゴリー概要">カテゴリー名</a></li>
    <li class="cat-item cat-item-ID"><a href="http://~/" title="カテゴリー概要">カテゴリー名</a>
      <ul class="children">
        <li class="cat-item cat-item-ID"><a href="http://~/" title="カテゴリー概要">子カテゴリー名</a></li>
        <li class="cat-item cat-item-ID"><a href="http://~/" title="カテゴリー概要">子カテゴリー名</a></li>
      </ul>
    </li>
    <li class="cat-item cat-item-ID"><a href="http://~/" title="カテゴリー概要">カテゴリー名</a></li>
  </ul>
</li>

カテゴリー一覧を表示しているときには、そのカテゴリーにのみ「current-cat」というクラスがつきます。

...
<li class="cat-item cat-item-ID">(その他のカテゴリー)</li>
<li class="cat-item cat-item-ID current-cat">(現在表示しているカテゴリーアーカイブのカテゴリー)</li>
<li class="cat-item cat-item-ID">(その他のカテゴリー)</li>
...

WordPressのテーマはやっぱり国産テーマが安心!

WordPressのインストールは最近ではレンタルサーバー会社の「簡単インストール機能」などでだれでも簡単にできるようになりましたが、そこからのデザインがやっぱり悩みどころ。プラグインも何を使ったらよいのかわかんないし、解説サイトが英語表記というのもよくあるケースです。そして、

WordPressなんてムリだ…

なんていう残念な結論を出して、挫折してしまう方がとても多いです。
せっかく独自ドメイン取得したのに…
せっかくレンタルサーバー契約したのに…
せっかくWordPressインストールしたのに…
です。

WordPressのデザインを決めるものが「テーマ」であることは理解したと思いますが、どのテーマを選べばよいのかわからない…ダッシュボードのテーマの新規追加を試みても種類が多すぎるし、解説は英語だし、有効化してもよくわかんないし…

国産(日本語)のWordPressテーマを導入しよう

WordPressのダッシュボードからテーマを新規追加しようと探しても日本語のものはまず見つかりません。世界中のユーザーから見れば日本語なんて希少言語なので仕方ありません。日本語サイト向けのWordPressテーマはいくつもあります。それらの日本語サイト向けWordPressテーマはそれぞれのテーマ開発者のサイトなどで公開、販売されています。

日本語サイト向けWordPressテーマは有料のものも多いですが、有料であるからこそサポート体制も充実しています。多くの有料の日本語サイト向けWordPressテーマでは日本語での丁寧なサポートに対応しています。何をインストールすればよいかよくわからない「プラグイン」も不要だったり最小限の利用で済んだりします。以下に挙げる日本語サイト向けWordPressテーマは当サイトがおススメするWordPressテーマです。

おススメ① 高品質高機能なハイスペックなテーマ「DIVER」

WordPressテーマブロックエディター対応テーマ

WordPressテーマ「DIVER」はアフィリエイター、ブロガーにおススメのWordPressテーマです。目を引くほどのデザインではありませんが、ムダのないレイアウト構成は長い期間使っても飽きの来な… もっと見る

おススメ② オシャレなWordPressテーマ「STREETIST」

WordPressテーマブロックエディター対応テーマ

写真をクールに魅せてくれるWordPressテーマです。企業サイトでももちろん使えますが、写真をよく掲載するブロガーやアフィリエイトサイト運営者に向いているWordPressテーマですね。もちろんレス… もっと見る

おススメ③ ブロガー専用テーマ「ストーク19」

WordPressテーマブロックエディター対応テーマ

WordPressテーマ「ストーク(STORK)19」はレスポンシブデザインで特にスマホでの閲覧のしやすさを第一に考慮して設計されています。現在多くのウェブサイトではスマホでの閲覧がどんどん伸びていま… もっと見る

日本語サイト向けWordPressテーマをもっと見る

こちらもおススメ!!

get template part( パラメータ )

WordPressテンプレートタグ

テンプレートタグ「gettemplatepart()」はヘッダー(header.php)、フッター(footer.php)、サイドバー(sidebar.php)を除くテンプレートパーツをテンプレー... もっと見る

get sidebar( パラメータ )

WordPressテンプレートタグ

テンプレートタグ「getsidebar()」はテーマファイルの中の「sidebar.php」テンプレートファイルを読み込みます。sidebar.phpに記述される内容「sidebar.php」に... もっと見る

get header( パラメータ )

WordPressテンプレートタグ

テンプレートタグ「getheader()」はテーマファイルの中の「header.php」テンプレートファイルを読み込みます。header.phpに記述される内容「header.php」にはHTM... もっと見る

get footer( パラメータ )

WordPressテンプレートタグ

テンプレートタグ「getfooter()」はテーマファイルの中の「footer.php」テンプレートファイルを読み込みます。footer.phpに記述される内容「footer.php」にはHTM... もっと見る

bloginfo( パラメータ )

WordPressテンプレートタグ

WordPressをインストールした時のサイトの情報やサイトの基本情報を取得するためのタグです。テンプレート内のどこでも使用でき、結果を出力します。「設定」→「一般設定」サイトのタイトルを表示。よく... もっと見る

get bloginfo( パラメータ )

WordPressテンプレートタグ

「getbloginfo()」はPHPコード内の他の部分で使用できるようにサイトに関する情報を返します。getbloginfo()とbloginfo()の違いは?またこの関数とよく似ている関数... もっと見る

wp_list_pages( パラメータ )

WordPressテンプレートタグ

テンプレートタグ「wp_list_pages()」は固定ページへのリンクのリストを表示します。大抵の場合サイドバーやヘッダーにメニューを表示させるのに使われます。記述方法パラメーターdepth... もっと見る

こんな記事が良く読まれています

Amazonプライムの自動更新設定を解除いたしましたというメール

お知らせ&コラム

Amazonプライムというサービスをご存じの方も多いでしょう。Amazonをちょくちょく利用する方ならプライム会員になっている方も多いことと思います。みんなに嬉しい、Amazonプライムプライム会... もっと見る

ポータルサイトを作成するためのテーマ「EVERY」

ポータルサイトを作成するためのテーマ「EVERY」

WordPressテーマ

スマホの普及により多くの方が常にインターネットにアクセスし様々な情報やコンテンツにアクセスするようになってきました。この流れは今後もますます加速すると思われますが、これらのユーザーに満足してもらえる情... もっと見る

WordPressを簡単にインストールできるレンタルサーバー【1】

レンタルサーバーガイド

WordPressでWebサイトを制作する方が増えてきましたね。以前はWordPressをインストるする場合、サーバーにデータベースを作成し、インストールに必要な情報を入力したうえでWordPress... もっと見る

メディアと文章ブロック(WordPress5.5)

WordPress投稿&固定ページ作成マニュアル

画像ブロックで画像の配置を設定できますが、「メディアと文章」ブロックではより豊富なレイアウトが可能になります。メディアと文章ブロックを追加上のスクリーンショットのように左上の「ブロックの追加」アイ... もっと見る

見出しブロック(WordPress5.5)

WordPress投稿&固定ページ作成マニュアル

「見出し」はページの文章をわかりやすくするために段落などの前に配置します。書かれている文章を的確に表す「見出し」をつけることはサイトを閲覧しているユーザーのためにもSEOの観点からもとても重要です。「... もっと見る

引用ブロック(WordPress5.5)

WordPress投稿&固定ページ作成マニュアル

ホームページやブログを運営していて他のサイトや文献から引用することもあるでしょう。「コピペはいかん!」とは言っても、ホームページを見ている人に分かりやすくするために引用文を載せたほうがいいこともありま... もっと見る

アイキャッチ画像を自動設定してくれる「XO Featured Image Tools」

WordPressプラグインガイド

設定画面が日本語の自動アイキャッチ設定プラグイン投稿や固定ページで記事の内容を分かりやすく表すためのアイキャッチ画像を自動的に設定してくれるプラグインとして「EasyAddThumbnail」を... もっと見る

画像の拡大表示をカッコよく「Fancybox for WordPress」

WordPressプラグインガイド

「FancyboxforWordPress」はWordpressに貼り付けた画像、写真を拡大させるときにカッコよく表示させるためのプラグインです。どんな風に画像を拡大するのか?例えば以下のよう... もっと見る

このブロックには、想定されていないか無効なコンテンツが含まれています。

WordPress(ワードプレス)

WordPressのブロックエディターでは時々「このブロックには、想定されていないか無効なコンテンツが含まれています。」という表示が出ることがあります。これは初めて見るとびっくりしてしまいますが、落... もっと見る

wp_list_categories( パラメータ )

WordPressテンプレートタグ

WordPressテンプレートタグ

カテゴリーのリストをリンク付で表示させます。リンクをクリックするとそのカテゴリーに属する投稿を表示させることが出来ます。サイドバーで使うことが多いです。その他トップページや固定ページのテンプレートでも... もっと見る