誰が使っても美しいデザインテーマ「アルバトロス」

こちらのテーマは2021年1月現在WordPressのブロックエディターに対応していません。Classic Editor(クラシックエディター)プラグインをインストールする必要があります。※Classic Editorプラグインのサポートは2022年までと公式サイトではアナウンスしています。

誰が使っても美しいデザインテーマ「アルバトロス」
↑↑クリックで拡大↑↑

WordPressテーマ「アルバトロス(ALBATROS)」は誰が使っても美しいデザインが出来る…をコンセプトに作られているWordPressテーマです。単なるブログサイトではなく企業やお店のサイトを構築するのに十分な設計です。レスポンシブデザインでスマホなどでも快適な閲覧が可能です。

\ ダウンロードはこちら /

こちらのテーマは2021年1月現在WordPressのブロックエディターに対応していません。Classic Editor(クラシックエディター)プラグインをインストールする必要があります。※Classic Editorプラグインのサポートは2022年までと公式サイトではアナウンスしています。

ランディングページの作成や各種SNSとの連携も簡単にできるためプラグインの利用も最小限に抑えれそうです。トップページではスライドショーの設置が簡単い出来るようになっており、ホームページを自分で作成しようと考えている多くの方に満足してもらえるWordPressテーマと言えます。

ワンカラム固定ページ作成可能

ワンカラム固定ページ作成可能
↑↑クリックで拡大↑↑

アルバトロステーマでは固定ページのワンカラムレイアウトが可能です。ワンカラムのページはサイドバーを表示させないことでモニターの幅をめいっぱい活用でき大きな写真を掲載したり、ユーザーに記事に集中して読んでもらえるといった効果が期待できます。

誰が使っても美しいデザインテーマ「アルバトロス」
テーマ名アルバトロス(ALBATROS)
ライセンス1回の購入で1サイトに利用可能
サポートご購入から30日間は無料メールサポートが可能
販売価格7,980円(税込)

\ デモサイト&ダウンロードはこちら /

こちらのテーマは2021年1月現在WordPressのブロックエディターに対応していません。Classic Editor(クラシックエディター)プラグインをインストールする必要があります。※Classic Editorプラグインのサポートは2022年までと公式サイトではアナウンスしています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めてホームページを作成したのは1996年。
2000年よりフリーランスで主に中小企業、学校、各種公的団体、個人事業主のホームページ制作を行っています。
近年はほとんどがWordPress案件となっています。
ビール、料理、カメラ、アウトドア好き!

目次
閉じる