\ WordPressテーマ1410サイトの利用例を紹介 (2021/9/17更新)/

集客もできる病院・医療機関向けWordPressテーマ「CURE」

集客もできる病院・医療機関向けWordPressテーマ「CURE」
↑↑クリックで拡大↑↑
\ こんなウェブサイト作成にピッタリ /

WordPressテーマ「CURE」は歯科・耳鼻科・内科・小児科・産婦人科・外科・整形外科・皮膚科・美容外科・整骨院・鍼灸院・マッサージ・整体などの病院・クリニック等の医療機関向けのWordPressテーマです。あらかじめ必要なページがテンプレート化されていいる親切設計です。

デモサイト

WordPressテーマ「CURE」は病院、クリニック等の医療機関向けに開発されたテーマです。医療機関のホームページの多くが10年以上前に作成された時代遅れのものになっています。いまだにスマホ対応になっていないホームページも数多く見られます。

\ ダウンロードはこちら /

ブロックエディター対応ですがテーマで設定されているクイックタグを使う場合はクラシックブロックを使う必要があります。

目次

病院・クリニックの情報発信は効率的な医療には不可欠

現在の新型コロナウィルスの感染の広がりにより多くの医療機関が経営難に陥っていると聞きます。その理由に医療機関からの情報発信が乏しいことがあげられます。多くの医療機関のホームページがただ単に診療科目とその内容、しかも更新されていないので古い過去の内容を掲載したままとなっています。

病院やクリニックがウェブサイトで最新の正確な情報を提供していくにはしっかりとしたウェブサイトが必要です。この医療機関向けに開発されたWordPressテーマで地域の方々に安心感を与えられる医療機関のホームページを構築しましょう。

時代遅れのホームページから抜け出そう

病院やクリニックは比較的早い時期、2000年ごろにはホームページを公開しているところがかなり多かったと思います。電子カルテや医療事務のIT化が進むのと並行してホームページを公開するクリニックが多かったように思います。これは医療事務のシステムを提供する会社がサービスの一環としてそのクリニックのホームページを作成したというケースが多かったことが要因と思います。

現在でも当時作成されたホームページをそのまま利用しているクリニックも多く、スマホ対応になっていない病院ホームページもよく見かけます。インターネットを利用する多くの方がスマホを利用している現在、病院やクリニックのホームページでもスマホ対応になっていることは必須であると言えます。

WordPressテーマ「CURE」のデモサイト&ダウンロードはこちら!

WordPressテーマ「CURE」のスクリーンショット

WordPressテーマ「CURE」のスクリーンショット
↑↑クリックで拡大↑↑

病院やクリニックのホームページを検索するのはどのような時でしょうか?大抵の場合、身体に不調があり近くの病院を探すというケースでしょう。もちろん地理的に近い病院を…ということもあるかと思いますが、信頼できそうかどうかということも重要なポイントです。

見た目がシンプルでスッキリしていて、それでいて必要な情報が分かりやすくまとめられているというホームページはサイトを訪れて人に安心感を与えることが出来るでしょう。

いつ診察してくれるのか?予約は可能か?がすぐわかることが必要

WordPressテーマ「CURE」のスクリーンショット
↑↑クリックで拡大↑↑

病院やクリニックのホームページで多くのユーザーが最もチェックする項目は診察してくれる曜日、時間です。特に仕事が終わってから病院に行こうと考えている人は何時まで診察してくれるのかはとても気になることです。また、病院での待ち時間は長い時間になりがちですが新型コロナウイルスが拡大している中ではそれは避けたいところです。

病院やクリニックのホームページではトップページで診察してくれる曜日、時間が一目でわかることが大切です。また、インターネット予約も簡単にできるとユーザーにより親切であると言えます。

WordPressテーマ「CURE」のデモサイト&ダウンロードはこちら!
WordPressテーマ「CURE」の利用例

病院・クリニックのホームページに必要なページテンプレート

WordPressテーマ「CURE」のスクリーンショット
↑↑クリックで拡大↑↑

WordPressテーマ「CURE」には「クリニック概要」「診察案内」「院長のご挨拶」「クリニックへのアクセス」「よくある質問」のような病院・クリニックのホームページに必要なページがあらかじめテンプレートとして用意されています。テンプレートの内容に沿ってコンテンツを作成することが出来ることでホームページの作成時間を大幅に削減できます。忙しい病院業務の妨げになることもないでしょう。

WordPressテーマ「CURE」のスクリーンショット
↑↑クリックで拡大↑↑

例えば「診療案内」のページは細かな診察項目についてページを作りこんでいくことが出来るようになっています。丁寧な診察についての説明を行っていることは、これから病院・クリニックを訪れようと考えている方に安心感を与えることが出来ます。病院やクリニックのホームページで何といっても必要なのはサイトを訪れた人に安心感と信頼感を与えることです。

WordPressテーマ「CURE」のデモサイト&ダウンロードはこちら!

よくある質問・FAQはアコーディオンタイプでスッキリ!

WordPressテーマ「CURE」のスクリーンショット
↑↑クリックで拡大↑↑

病院やクリニックのホームページで重要なコンテンツの一つに「よくある質問」があります。これから病院やクリニックを訪れようとしている人に的確な情報提供することは安心感や信頼感を与えることが出来ます。また同じような問い合わせに忙殺されるようなことも避けられます。

新型コロナウイルスが拡大する中で病院やクリニックの発信する情報はより正確で信頼あるものであることが求められています。WordPressテーマ「CURE」ではホームページを構築するときの手間を各コンテンツの作成に集中できるようそれぞれのページの内容に適したテンプレートが用意されているという点が魅力的です。

「よくある質問」はサイトを訪れた人にはとても助かるコンテンツの一つ

ブログを活用した情報発信で魅力的なクリニックに

WordPressテーマ「CURE」のスクリーンショット
↑↑クリックで拡大↑↑

病院やクリニックのホームページでは正しい情報発信を行うことが必要です。インターネット上には怪しげな医療情報であふれています。多くの人がこのような不正確な医療情報に右往左往しているのは現在の新型コロナウイルスが拡大している状況下でも見受けられます。

このような不正確な情報に対しても常に正確でわかりやすい情報発信を続けることはその病院・クリニックの信頼度アップにつながります。WordPressテーマ「CURE」ではブログのコンテンツも魅力的に見せてくれます。

正確でタイムリーな情報発信をして病院・クリニックの信頼度をアップしよう!

WordPressテーマ「CURE」のデモサイト&ダウンロードはこちら!
WordPressテーマ「CURE」の利用例

院長・スタッフ紹介ページでアピール

WordPressテーマ「CURE」のスクリーンショット
↑↑クリックで拡大↑↑

病院・クリニックを訪れる患者さんにとって最も気になることは「どんなお医者さんだろう?」ということ。ホームページで院長や主要スタッフの紹介をすることは初診の患者さんにとってはとても安心できます。

病院・クリニックまでのアクセス情報もわかりやすく

WordPressテーマ「CURE」のスクリーンショット
↑↑クリックで拡大↑↑

これからはじめて病院やクリニックを訪れようと感が癒えている方にとって診察時間情報と同時にアクセス情報は重要なコンテンツとなります。公共の交通機関でのアクセス、マイカーの場合の駐車場の有無など詳しく案内しましょう。

WordPressテーマ「CURE」のデモサイト&ダウンロードはこちら!
WordPressテーマ「CURE」の利用例

WordPressテーマ「CURE」の特徴

  • 新規の患者さんにアピールできるクリニック、病院、医療機関向けWordPressテーマ
  • トップページのヘッダー部分にスライダーや動画を配置できる
  • グローバルナビのマウスオーバー時のアニメーションが目を惹く
  • スマホ表示の時はタッチしてグローバルナビを表示するドロワーメニュー
  • パソコン、タブレット、スマホで快適に閲覧できるレスポンシブデザイン
  • ページをスクロールしてもグローバルナビは常に表示される仕様
  • 病院・クリニックのホームページに必要なページテンプレートをあらかじめ用意
  • サイトを訪れた人に安心感を与えるわかりやすいFAQページ
  • 内部SEO対策として各ページのタイトル、ディスクリプションを設定可能
集客もできる病院・医療機関向けWordPressテーマ「CURE」

デモサイト&WordPressテーマ「CURE」のご購入はこちら

テーマ名CURE
販売開始2020年7月
ライセンス自己所有サイトであれば何サイトでも使用可能
第三者のWebサイトを制作または設定代行する場合「特別ライセンス」が必要
サポートテーマに付属するマニュアル
テーマのインストール、初期設定、使い方をメールサポート
販売価格25,800円(税込)

\ デモサイト&ダウンロードはこちら /

ブロックエディター対応ですがテーマで設定されているクイックタグを使う場合はクラシックブロックを使う必要があります。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めてホームページを作成したのは1996年。
2000年よりフリーランスで主に中小企業、学校、各種公的団体、個人事業主のホームページ制作を行っています。
近年はほとんどがWordPress案件となっています。
ビール、料理、カメラ、アウトドア好き!

目次
閉じる