ニュースサイトを構築するWordPressテーマ「Gorgeous」

こちらのテーマは2021年1月現在WordPressのブロックエディターに対応していません。Classic Editor(クラシックエディター)プラグインをインストールする必要があります。※Classic Editorプラグインのサポートは2022年までと公式サイトではアナウンスしています。

ニュースサイトを構築するWordPressテーマ「Gorgeous」
↑↑クリックで拡大↑↑
\ こんなウェブサイト作成にピッタリ /

ブロガー・ブログサイト・アフィリエイター・ウェブマガジン・ニュースサイト

デモサイト

\ ダウンロードはこちら /

こちらのテーマは2021年1月現在WordPressのブロックエディターに対応していません。Classic Editor(クラシックエディター)プラグインをインストールする必要があります。※Classic Editorプラグインのサポートは2022年までと公式サイトではアナウンスしています。

WordPressテーマ「Gorgeous」のデモサイト&ダウンロードはこちら!

目次

WordPressテーマ「Gorgeous」のスクリーンショット

ニュースサイトを構築するWordPressテーマ「Gorgeous」
↑↑クリックで拡大↑↑
ニュースサイトを構築するWordPressテーマ「Gorgeous」
↑↑クリックで拡大↑↑

WordPressテーマ「Gorgeous」のデモサイト&ダウンロードはこちら!

WordPressテーマ「Gorgeous」の特徴

  • 14種類のエフェクトから選択可能なコンテンツスライダーを搭載したセンセーショナルなWordPressテーマ
  • 自由に商品・サービスのPRができるスクロールメニュー
  • 使いやすい!多様なカスタマイズができるテーマオプション
  • レスポンシブWEBデザインに対応
  • ソーシャルメディアボタン
  • ページごとに「meta title」「meta description」が設定できる内部SEO機能
ニュースサイトを構築するWordPressテーマ「Gorgeous」

デモサイト&WordPressテーマ「Gorgeous」のご購入はこちら

テーマ名Gorgeous
ライセンス自己所有サイトであれば何サイトでも使用可能
第三者のWebサイトを制作または設定代行する場合「特別ライセンス」が必要
サポートテーマに付属するマニュアル
テーマのインストール、初期設定、使い方をメールサポート
販売価格8,980円(税込)

\ デモサイト&ダウンロードはこちら /

こちらのテーマは2021年1月現在WordPressのブロックエディターに対応していません。Classic Editor(クラシックエディター)プラグインをインストールする必要があります。※Classic Editorプラグインのサポートは2022年までと公式サイトではアナウンスしています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めてホームページを作成したのは1996年。
2000年よりフリーランスで主に中小企業、学校、各種公的団体、個人事業主のホームページ制作を行っています。
近年はほとんどがWordPress案件となっています。
ビール、料理、カメラ、アウトドア好き!

目次
閉じる