WordPressでホームページを作成したほうがいいのか?それとも…

WordPressでWebサイトを構築するとブラウザ上で更新作業が出来てとても便利ですが、自分のWebサイトに必要かどうか見極める必要があります。それはWordPressでWebサイトを構築することはメリットばかりではないからです。

目次

WordPressでWebサイトを作成するメリット

Webサイトの更新作業がラクになる

WordPressでWebサイトを作成する最大のメリットは何といっても「更新作業がラク」という点です。インターネットに接続された環境であれば何時でも何処でもブラウザ上からホームページの内容を修正したり、ページを追加したりすることが出来ます。常に新しい情報をWebサイトで情報発信したいと考えている方なら最適なツールと言えます。

デザインの変更やナビゲーションの修正がラク

Webサイトのデザイン、レイアウトはひとつのWebサイトであればそのサイトが小規模であろうと大規模であろうとほぼ統一されたものとなります。CMSを使わないで構築されたWebサイトの場合、例えばヘッダーメニューの項目を変更しようと思った場合、すべてのページについて変更しなくてはなりません。WordPressはWebサイトのデザインやレイアウトを「テーマ」というPHPファイルで管理しています。ですから、ヘッダーメニューを変更しようと思った場合はヘッダーメニューのテーマファイルを編集するだけで、または管理画面のメニューの設定を変更するだけで、すべてのページの変更が可能です。

複数のメンバーで管理ができる

WordPressは管理ユーザーを複数設定できます。企業サイトなどでは複数のメンバーでWebサイトを管理することが一般的です。複数のユーザーが全く別の場所で同時にそれぞれの記事を投稿したり編集したりすることが可能です。

Web制作会社に更新の度に依頼する必要が無くなる

企業サイトの場合これが最大のメリットと言えるでしょう。制作会社によっては更新依頼をしてから反映されるまで数日の時間を要したり、その都度費用が発生したりしていたものが、リアルタイムで自社内で更新できるようになります。

WordPressを活用したときのデメリット

ちょっとだけいいサーバーを使わないといけない

WordPressはサーバーにインストールして利用します。ですから超格安のレンタルサーバーではそもそもWordPressをインストールできないサーバーもあります。また、Webサーバー上で動くプログラムのため、スペックも多少余裕があったほうが快適なWebサイト運営が出来ます。つまり、年間費用3,000円とかの格安サーバーではなく月々1,000円程度以上のレンタルサーバーを利用する必要があります。

WordPressのメンテナンスも大切

WordPressはWebサーバー上で動作するプログラムです。あなたが使っているパソコンのソフトウェア、スマホのアプリのアップデートが必要なのと同じようにWordPressもアップデートが必要です。アップデート自体は管理画面からワンクリックで終わるようなものですが、そもそも滅多にWebサイトを更新しないですと管理画面にもアクセスすることがないので放置状態となります。そのようなことはセキュリティ上も問題ありなので定期的にアップデートの確認をする必要があります。

WordPressでWebサイトを構築したほうがいいのはこんなサイトだ!

以上のことを踏まえると、WordPressを導入してWebサイトを作成したほうが良いと思われるのは以下のようなケースでしょう。

  • Webサイトの更新頻度が高い。掲載情報の修正や更新が多いWebサイト。
  • 現在のWebサイトについてWeb制作会社の対応が遅く不満を感じている。
  • Webサイトのリニューアルにあたり複数の管理者でコンテンツの更新をしたいと考えている。
  • 企業(お店)のWebサイトなのに「お知らせ」で無料のブログを利用している。
  • 自社内でホームページ作成ソフトでWebサイトを運営しているが、更新作業が大変。

WordPressのテーマはやっぱり国産テーマが安心!

WordPressのインストールは最近ではレンタルサーバー会社の「簡単インストール機能」などでだれでも簡単にできるようになりましたが、そこからのデザインがやっぱり悩みどころ。プラグインも何を使ったらよいのかわかんないし、解説サイトが英語表記というのもよくあるケースです。そして、

WordPressなんてムリだ…

なんていう残念な結論を出して、挫折してしまう方がとても多いです。
せっかく独自ドメイン取得したのに…
せっかくレンタルサーバー契約したのに…
せっかくWordPressインストールしたのに…
です。

WordPressのデザインを決めるものが「テーマ」であることは理解したと思いますが、どのテーマを選べばよいのかわからない…ダッシュボードのテーマの新規追加を試みても種類が多すぎるし、解説は英語だし、有効化してもよくわかんないし…

国産(日本語)のWordPressテーマを導入しよう

WordPressのダッシュボードからテーマを新規追加しようと探しても日本語のものはまず見つかりません。世界中のユーザーから見れば日本語なんて希少言語なので仕方ありません。日本語サイト向けのWordPressテーマはいくつもあります。それらの日本語サイト向けWordPressテーマはそれぞれのテーマ開発者のサイトなどで公開、販売されています。

日本語サイト向けWordPressテーマは有料のものも多いですが、有料であるからこそサポート体制も充実しています。多くの有料の日本語サイト向けWordPressテーマでは日本語での丁寧なサポートに対応しています。何をインストールすればよいかよくわからない「プラグイン」も不要だったり最小限の利用で済んだりします。以下に挙げる日本語サイト向けWordPressテーマは当サイトがおススメするWordPressテーマです。

おススメ① 高品質高機能なハイスペックなテーマ「DIVER」

WordPressテーマブロックエディター対応テーマ

WordPressテーマ「DIVER」はアフィリエイター、ブロガーにおススメのWordPressテーマです。目を引くほどのデザインではありませんが、ムダのないレイアウト構成は長い期間使っても飽きの来な… もっと見る

おススメ② オシャレなWordPressテーマ「STREETIST」

WordPressテーマブロックエディター対応テーマ

写真をクールに魅せてくれるWordPressテーマです。企業サイトでももちろん使えますが、写真をよく掲載するブロガーやアフィリエイトサイト運営者に向いているWordPressテーマですね。もちろんレス… もっと見る

おススメ③ ブロガー専用テーマ「ストーク19」

WordPressテーマブロックエディター対応テーマ

WordPressテーマ「ストーク(STORK)19」はレスポンシブデザインで特にスマホでの閲覧のしやすさを第一に考慮して設計されています。現在多くのウェブサイトではスマホでの閲覧がどんどん伸びていま… もっと見る

日本語サイト向けWordPressテーマをもっと見る

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めてホームページを作成したのは1996年。
2000年よりフリーランスで主に中小企業、学校、各種公的団体、個人事業主のホームページ制作を行っています。
近年はほとんどがWordPress案件となっています。
ビール、料理、カメラ、アウトドア好き!

目次
閉じる