\ WordPressテーマ1410サイトの利用例を紹介 (2021/9/17更新)/

WordPressとは?

視覚的にわかりやすいワードプレス動画講座はこちら

WordPress(ワードプレス)はCMS…Content Management System(コンテンツマネジメントシステム)の一つでウェブサイトを構築・運営するためのソフトウェアです。CMSは現在多くの種類がありますが、中でもこのWordPressは世界中で最も利用者の多いCMSです。

WordPressはWebサーバーにプログラムをインストールして利用します。以前はレンタルサーバーにWordPressをインストールする際にはプログラムのアップロード、データベースの作成、WordPressのインストールと、初心者にはややハードルが高かったのですが、最近のレンタルサーバーでは必要事項を入力したらクリック一つでインストールできるものも多く誰でも簡単に導入できるようになりました。

目次

WordPressを導入すると…

Webサイトを公開するということは、まずそのサイトを作成することと、作成後のサイトを更新し、常に新しい情報を提供していくことが大切です。WordPressはブラウザ上でユーザー名とパスワードを入力してログインすることにより、管理画面からページを追加、編集、削除なが可能です。これらの更新作業はHTMLやCSSといったWebサイト作成に必要な専門知識が必要なく行うことが出来ます。

WordPressの編集画面は直感的に記事を編集することが出来ます。このサイトもWordPressで構築していますが、今、ご覧のページの編集画面は上の画像のようになっており、HTMLなどの専門的知識に悩まされることなく記事の編集作業に集中することが可能になります。

WordPressの特徴

長く利用されているCMS

WordPressが初めて公開されたのは2003年。それ以来多くのユーザーに活用されてきました。

利用者が多い

歴史が長いため、WordPress利用者も多く、はじめてWordPressを使う人が使い方に戸惑ってもインターネットで検索したり、書籍で調べたり解決する方法がきっと見つかります。

常に開発が進む

WordPressはオープンソースのプログラムです。開発に参加している開発者も多く、WordPressの機能をより拡張してくれるプラグインも多く開発されています。また、Webサイトの見た目(外観)を整えるためのテーマも多く公開されています。

WordPressは無料で利用できる

WordPressはライセンス料を支払ったりダウンロードに費用が掛かることはありません。誰でも下記のサイトからダウンロードすることが出来ます。
https://ja.wordpress.org/
ドメインを取得したり、レンタルサーバーを借りたりは費用が掛かりますが、比較的低コストで高機能なWebサイトを構築することが可能です。

様々なカスタマイズが可能

WordPressは作りたいWebサイトに合わせてプラグインを活用して機能を充実させたり、テーマでレイアウトを自由に作成可能です。個人のブログから、比較的大規模な企業サイトまで構築可能です。

構築時にはある程度知識が必要

WordPressの良いところは最初に構築さえしてしまえば更新作業などの運営はものすごく効率的で簡単です。ただ、最初の構築は初心者は難しいかもしれません。既存の公開されているテーマを利用すればよいとは思いますが、企業サイトなど細かい部分のデザインやページの作りこみはある程度の知識は必要です。企業の場合構築だけは外注してしまうのも必つの方法です。

WordPressのテーマはやっぱり国産テーマが安心!

WordPressのインストールは最近ではレンタルサーバー会社の「簡単インストール機能」などでだれでも簡単にできるようになりましたが、そこからのデザインがやっぱり悩みどころ。プラグインも何を使ったらよいのかわかんないし、解説サイトが英語表記というのもよくあるケースです。そして、

WordPressなんてムリだ…

なんていう残念な結論を出して、挫折してしまう方がとても多いです。
せっかく独自ドメイン取得したのに…
せっかくレンタルサーバー契約したのに…
せっかくWordPressインストールしたのに…
です。

WordPressのデザインを決めるものが「テーマ」であることは理解したと思いますが、どのテーマを選べばよいのかわからない…ダッシュボードのテーマの新規追加を試みても種類が多すぎるし、解説は英語だし、有効化してもよくわかんないし…

国産(日本語)のWordPressテーマを導入しよう

WordPressのダッシュボードからテーマを新規追加しようと探しても日本語のものはまず見つかりません。世界中のユーザーから見れば日本語なんて希少言語なので仕方ありません。日本語サイト向けのWordPressテーマはいくつもあります。それらの日本語サイト向けWordPressテーマはそれぞれのテーマ開発者のサイトなどで公開、販売されています。

日本語サイト向けWordPressテーマは有料のものも多いですが、有料であるからこそサポート体制も充実しています。多くの有料の日本語サイト向けWordPressテーマでは日本語での丁寧なサポートに対応しています。何をインストールすればよいかよくわからない「プラグイン」も不要だったり最小限の利用で済んだりします。以下に挙げる日本語サイト向けWordPressテーマは当サイトがおススメするWordPressテーマです。

日本語サイト向けWordPressテーマをもっと見る

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めてホームページを作成したのは1996年。
2000年よりフリーランスで主に中小企業、学校、各種公的団体、個人事業主のホームページ制作を行っています。
近年はほとんどがWordPress案件となっています。
ビール、料理、カメラ、アウトドア好き!

目次
閉じる