どうしてWordPress?

どうしてWordPress?
目次

そもそもWordPressって何?

これからホームページを公開しようと色々検索している人、もう既にホームページを運営している人、ブログやFacebook、その他のサービスを利用して情報発信をしている人、おそらくそのほとんどの人が「WordPress」というものを目にしたり、耳にしたりしていることでしょう。

そこで「WordPressって一体なんだ?」と思って検索してみると、「データベースがうんたら…」、「プラグインがかんたら…」、「テーマファイルがどうたら…」、「MovableTypeと比べるとなんたら…」そんな情報が多く、イマイチよくわかりません。WordPressで作成されたホームページとか紹介されていますが、見た目だけでは普通にソフトウェアで作ったのと何が違うのかさっぱりわかりません。

WordPress (ワードプレス) は、ブログから高機能なサイトまで作ることができるオープンソースのソフトウェアです。

https://ja.wordpress.org/

やっぱりよくわからないですねぇ。一度でも使ったことのある人は、とても便利で、使いやすく、自分の思ったとおりのデザインにすることが出来て、すばらしいソフトウェアだと気がつくんですけどね。

上記のWordPressのホームページの冒頭の部分をもう少しわかりやすく書くと…

WordPressは無料で使えるブログ作成用のプログラムです。ブログと言ってもカスタマイズしたりデザインを自由に出来るので企業や団体のホームページに使えます。また、正確な文法のHTMLで作成されるので、見る人にも優しく、検索エンジン対策にも有効でしょう。

とまあ、こんな感じでしょうか。現在多くの企業や団体のホームページでWordPressが活用されています。それにはそれなりの理由があります。

現在多くの企業や団体のホームページでWordPressが活用されている理由

1.WordPressのプログラムは無料で使うことが出来る

WordPressのプログラムは無料で使うことが出来る

WordPressはWordPress 日本語サイトで誰でもダウンロードすることが出来ます。

2.使う人が多いので、関連書籍やカスタマイズなどに関する情報が豊富である。

WordPressは利用者が多い。
世界で一番利用されているブログツール。

ホームページ作成に関するコーナーを覗いてみましょう。それなりの規模の書店ならまず間違いなくWordPressに関する本が置かれているでしょう。本を書く人も商売です。売れる内容のもの、利用者が多いもの、興味を持ってもらえる内容のものでないと本にはしないでしょう。

関連書籍が多いからまた利用者も増える…利用者が増えるからまた別の関連書籍が出版される…という循環になっているのでしょう。そしてインターネット上においてもWordPressに関する情報は豊富で、インストール方法から最初の設定、投稿方法、テーマの作成、などありとあらゆる情報があふれています。

つまり正確なデータは無いけど、周りを見回してみればWordPressに関する情報がいたるところに…つまりそれだけ使っている人が多いというわけです。

3.使う人が多いので、セキュリティ対策も頻繁に更新される。

WordPressの利用者が多いおかげで、開発に関わる人も多く常に改良されています。それはより使いやすくするということもありますし、セキュリティ上より安全なものにするということももちろんあります。

また、レンタルサーバー会社もWordPressを使いたがるユーザーが多いので、WordPressをインストールするに適した環境のサーバーを提供してくれます。

4.WordPressをより自分のホームページにとって使いやすくするための補助的なプログラムであるプラグインが豊富に開発されている。そしてその多くが無料で利用できる。

WordPressをより自分のホームページにとって使いやすくするための補助的なプログラムであるプラグインが豊富に開発されている。そしてその多くが無料で利用できる。

WordPress本体でも十分に企業のホームページを制作することは可能です。しかしそのホームページをさらにパワーアップ、作業を効率的にするために様々なプラグインが開発、提供されています。例えばお問い合せフォームを簡単に設置できるプラグイン、写真をカッコよく表示させるプラグイン、サイトマップを自動的に作成してくれるプラグインなど様々です。

プラグインはWordPressのプラグインディレクトリで紹介されている以外にもありますが、古いバージョンのWordPress対応しているものだったり、中には悪意のあるコードが仕組まれていることもあります。作成者のよくわからないプラグインを何でもかんでもインストールすることは避けたほうがよいでしょう。

5.テーマ(ホームページの雛形)を入れ替えるだけでデザインを変更できる。

テーマ(ホームページの雛形)を入れ替えるだけでデザインを変更できる。

WordPressのデザインの変更は簡単。デザインを設定したテーマというものをインストールして有効化するだけです。「WordPress テーマ」と検索するといくつも出てきますが、無料のものやテーマ作成者がはっきりしていないものの中には悪意あるコードを含んでいる可能性も否定できません。悪い事を行なうための踏み台のサイトにされることもあるかもしれません。めったにあることではありませんが、テーマの作成者が明確に表示されているものを利用したほうが無難でしょう。

6.HTMLやアップロードとかわからない人でも比較的簡単にホームページの更新作業が出来る。

HTMLやアップロードとかわからない人でも比較的簡単にホームページの更新作業が出来る。

WordPressを使ったホームページの管理は基本的にインターネットエクスプローラーなどのブラウザで行ないます。上の画像のような管理画面で文章を書いたり、写真等の画像を掲載できます。この作業はHTMLの知識などは必要ありません。でも、基本的なHTMLのタグをいくつか覚えておくとさらに作業がラクになるでしょう。「HTMLタグを覚える」というと拒否反応を示す方が結構いますが、はっきり言って某有名人気ホームページ作成ソフトの使い方を覚えるよりラクです。

さて、いかがでしょう?WordPressがどんな感じのもので、どうしてみんなが使っていて、勧められるのかわかっていただけました?まず、とにかく使ってみることです。使ってみないことには自分が作ろうとしているホームページ、現在運営しているホームページに合っているかわかりません。そのためには、WordPressを利用できるレンタルサーバーを用意する必要があります。

WordPressのテーマはやっぱり国産テーマが安心!

WordPressのインストールは最近ではレンタルサーバー会社の「簡単インストール機能」などでだれでも簡単にできるようになりましたが、そこからのデザインがやっぱり悩みどころ。プラグインも何を使ったらよいのかわかんないし、解説サイトが英語表記というのもよくあるケースです。そして、

WordPressなんてムリだ…

なんていう残念な結論を出して、挫折してしまう方がとても多いです。
せっかく独自ドメイン取得したのに…
せっかくレンタルサーバー契約したのに…
せっかくWordPressインストールしたのに…
です。

WordPressのデザインを決めるものが「テーマ」であることは理解したと思いますが、どのテーマを選べばよいのかわからない…ダッシュボードのテーマの新規追加を試みても種類が多すぎるし、解説は英語だし、有効化してもよくわかんないし…

国産(日本語)のWordPressテーマを導入しよう

WordPressのダッシュボードからテーマを新規追加しようと探しても日本語のものはまず見つかりません。世界中のユーザーから見れば日本語なんて希少言語なので仕方ありません。日本語サイト向けのWordPressテーマはいくつもあります。それらの日本語サイト向けWordPressテーマはそれぞれのテーマ開発者のサイトなどで公開、販売されています。

日本語サイト向けWordPressテーマは有料のものも多いですが、有料であるからこそサポート体制も充実しています。多くの有料の日本語サイト向けWordPressテーマでは日本語での丁寧なサポートに対応しています。何をインストールすればよいかよくわからない「プラグイン」も不要だったり最小限の利用で済んだりします。以下に挙げる日本語サイト向けWordPressテーマは当サイトがおススメするWordPressテーマです。

おススメ① 高品質高機能なハイスペックなテーマ「DIVER」

WordPressテーマブロックエディター対応テーマ

WordPressテーマ「DIVER」はアフィリエイター、ブロガーにおススメのWordPressテーマです。目を引くほどのデザインではありませんが、ムダのないレイアウト構成は長い期間使っても飽きの来な… もっと見る

おススメ② オシャレなWordPressテーマ「STREETIST」

WordPressテーマブロックエディター対応テーマ

写真をクールに魅せてくれるWordPressテーマです。企業サイトでももちろん使えますが、写真をよく掲載するブロガーやアフィリエイトサイト運営者に向いているWordPressテーマですね。もちろんレス… もっと見る

おススメ③ ブロガー専用テーマ「ストーク19」

WordPressテーマブロックエディター対応テーマ

WordPressテーマ「ストーク(STORK)19」はレスポンシブデザインで特にスマホでの閲覧のしやすさを第一に考慮して設計されています。現在多くのウェブサイトではスマホでの閲覧がどんどん伸びていま… もっと見る

日本語サイト向けWordPressテーマをもっと見る

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

初めてホームページを作成したのは1996年。
2000年よりフリーランスで主に中小企業、学校、各種公的団体、個人事業主のホームページ制作を行っています。
近年はほとんどがWordPress案件となっています。
ビール、料理、カメラ、アウトドア好き!

目次
閉じる